is702

人気アプリ、LINEを安全に利用するために

印刷用を表示する

スマートフォンを使って電話をかけたり、メッセージをやり取りできるアプリLINE(ライン)が人気です。パケット通信を利用している音声通話は登録者同士であれば無料でできます。アプリを起動していなくても受信を知らせるプッシュ機能やユーモラスなスタンプなどメッセージをやり取りする機能も充実し、幅広い層に利用されています。最近では、同じような通話・メッセージ機能をもつアプリが続々と登場しています。

一方で、サービスの仕組みや設定をきちんと理解してないまま使い始めてしまうと、思わぬトラブルにつながる恐れもあります。通話・メッセージ機能を有するアプリを安全に利用するために注意したいポイントを、LINEを例に考えていきましょう。

利用前には、アドレス帳の送信に注意

LINEを利用する上での注意点を理解するためには、まずはその仕組みをおさえることが必要です。LINEは、自分の電話番号や友人の電話番号を含むアドレス帳をLINEのサーバに送り、他の登録者と照合することで、「友だち」や「知り合いかも?」と表示される仕組みです。

このため、アプリインストール時に表示される「アドレス帳を利用する」を選択すると、アドレス帳に登録したすべてのデータがサーバに送信されてしまい、たとえば仕事上の大切な関係で、プライベートを知られたくない人と「友だち」になってしまうこともあるのです。初期設定時に、一括でアドレス帳を送信してしまうよりも、個別に友だち登録をした方が安心と言えるでしょう。特にLINEでつながりたい、つながる必要がある人だけでなく、さまざまな関係の人たちをアドレス帳に登録している場合は、この初期設定で注意を払うようにしましょう。実際に会えば、スマートフォンを振る動作をしたり、QRコードを表示/読み取りしたりすることで、友だち登録することも可能です。

意図しない「友だち」の広がりを防ぐ

サービス利用中に、意図しない「友だち」の広がりを防ぐためには、アドレス帳に登録した人を自動的に「友だち」に追加する機能(「友だち自動追加」)、相手が自分の電話番号をアドレス帳に登録していると自動的に「友だち」に追加する機能(「友だちへの追加を許可」)をオフしておきましょう。

いずれもアドレス帳に存在する電話番号で、自動的に「友だち」としてつながってしまうため、本人は電話番号を登録しただけという認識であっても、いつの間にか「友だち」としてつながってしまう、「友だち」が広がってしまうというような事態にもなりかねません。初期設定では、いずれの機能も有効になっているため、無効(オフ)にしておくようにしましょう。「設定」の「プライバシー管理」から設定変更が可能です。

最近ではFacebookでも認証・連携できるようになりましたが、多くの人は電話番号を登録することで、認証を利用しています。このため、以前に使っていた電話番号から、「LINEで見つけた実際の友人が実は別人だった」、「実際の友人がLINEで自分だと思っていた人物が別人だった」などの例が起こる可能性もあります。このため、携帯電話番号の変更を周知していなければ、なりすまされるリスクは存在します。電話番号変更の周知を徹底するとともに、最近連絡を取っていない人をLINEで見つけても、本人かどうかわかりません。メッセージを送る前に、共通の知人に確認したり、その人に電話してみるといいかもしれません。

保護者は子どもの利用に注意を

調査機関の調べによれば、LINEは、特に10代20代の若い世代で多く利用されており、10代女性ではおよそ4人に1人が、10代男性ではおよそ半数が利用しているという結果が出ています(※)。若年層の利用で注意したいのが、サービスを介した交友関係です。

LINEでは、半角英数から成るIDを設定することができます。電話番号を相手に公開しなくても、IDを利用することで、気軽に多くの人とつながるというメリットがあります。一方で、この機能を利用した「出会い系」のような使われ方が一部で広がっています。見知らぬ人とのコミュニケーションの危険性を理解している大人であれば問題はないのかもしれません。しかし、未成年者であったらどうでしょうか。実際こうした機能が悪用され、未成年者が被害に遭うケースも確認されています。

このような危険を避けるためには、お子さまがLINEを利用する際には、実際の友人とだけコミュニケーションを取るように注意をし、設定でID検索できないようにする(「IDの検索を許可」をオフにする)、もしくはそもそもIDは設定しないことをお勧めします。通信会社の中には、端末の契約者情報で年齢を確認することで、18歳未満にはID検索の利用を制限するサービスもあります。お子さまの年齢や状況に応じ、適切な設定を話し合うようにしましょう。

知らない人からメッセージが届いても無視するようにし、執拗に送られてくるようであれば、特定の相手からのメッセージを遮断できる「ブロック」機能を使うようにしましょう。本人は友人とだけ交流しているつもりであっても、悪意のある第三者に情報を悪用されれば、犯罪の標的になってしまう恐れもあります。こうした危険は、LINEに限らず、不特定多数とコミュニケーションできるSNS全般に共通することです。子どものインターネットの利用に注意を払い、新しいサービスの利用にあたっては、あらかじめ子どもを守る設定をし、利用ルールを決めるようにしましょう。

※出典:株式会社インプレスR&D「ソーシャルメディア調査報告書2012」

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ