コラム

2010/01/29

身につけておきたい知識とマナー「セキュリティ教本」

Adobe Readerを最新版にする

Adobe Readerは、アドビ システムズが提供するPDFファイルを読み取るためのソフトウェアです。自分でインストールした覚えがなくても、購入時にインストールされていることが多いです。

本サイトでも、「セキュリティ教本」などでPDFファイル形式のコンテンツを多数掲載しています(本ページ下部をご覧ください)。このように、Webサイト上でも多数のPDFファイル形式のコンテンツがあり、Adobe Readerはブラウザのプラグインとして幅広く使われています。

Adobe Readerには、しばしばセキュリティホール(脆弱性)が見つかっています。そのままにしておくと、ウイルス感染などセキュリティ上の危険が高まります。定期的に確認し、最新版にバージョンアップしておきましょう。また、更新を知らせてくれる設定にしておくことをおすすめします。

アップデート手順

アップデート手順1

1

Windowsの[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[Adobe Reader x](xはバージョン番号)をクリックし、Adobe Readerを開きます。

↓

アップデート手順2

2

[ヘルプ]→[アップデートの有無をチェック]をクリックします。

↓

アップデート手順3

3

アップデートする必要がある場合、知らせてくれますので、[ダウンロードしてインストール]をクリックし、指示に従ってインストールします。

自動更新の通知の設定

自動更新の通知の設定手順1

1

Windowsの[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[Adobe Reader x](xはバージョン番号)をクリックし、Adobe Readerを開きます。

↓

自動更新の通知の設定手順1

2

[ヘルプ]→[アップデートの有無をチェック]をクリックします。

↓

自動更新の通知の設定手順2

3

Adobe Updaterの[環境設定]をクリックします。

↓

自動更新の通知の設定手順3

4

「自動的に新しいアップデートを確認する」にチェックを入れ、頻度は最短の「毎週」を選択、[OK]をクリックします。

この記事を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード

「忘れていませんか? アップデート」に戻る

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

おすすめの記事
人気ランキング
ランキング詳細を見る