コラム

2010/01/29

身につけておきたい知識とマナー「セキュリティ教本」

Adobe Flash Playerを最新版にする

Adobe Flash Playerは、アドビ システムズが提供するブラウザのプラグインで、Flashで作成されたコンテンツを再生するときに使います。自分でインストールした覚えがなくても、購入時にインストールされていたり、Webサイト閲覧時に誘導されてインストールしていることが多いです。

本サイトでも、「恐怖のウイルスうっかり感染物語」などFlashで作成したコンテンツを多数掲載しています。こちらのムービーが再生できれば、そのパソコンにはAdobe Flash Playerがインストールされています。

Adobe Flash Playerには、しばしばセキュリティホール(脆弱性)が見つかっています。そのままにしておくと、ウイルス感染などセキュリティ上の危険が高まります。定期的に確認し、最新版にバージョンアップしておきましょう。また、更新を知らせてくれる設定にしておくことをおすすめします。

注意:Adobe Flash Playerはブラウザごとに提供されています。Internet ExplorerとFirefoxなど複数のブラウザを使っている場合、ブラウザごとに確認、アップデートが必要です。

バージョンを確認する

ユーザーのAdobe Flash Playerのバージョンを確認する

1

「Adobe Flash Playerのバージョンテスト」へアクセスします。

2

Your Player Versionに、使っているAdobe Flash Playerのバージョンが表示されます。その下に、現在提供されている最新版のバージョンが表示されますので、同じかどうかを確認します。使用しているバージョンが古い場合、アップデートをしてください。

最新版にアップデートする

Adobe Flash Playerを最新版にアップデートする手順1~4の画像

1

「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」へアクセスします。

2

自分の使用しているオペレーティングシステム(OS、Windowsなど)とブラウザ(Internet Explorerなど)が合っているか確認します。通常、自動で使用しているものが出ますが、違っている場合は「オペレーティングシステムまたはブラウザの変更」をクリックし、指示に従って変更します。

3

「今すぐインストール」をクリックします。

4

指示に従ってインストールします。

↓

自動更新の通知の設定

自動更新の通知の設定手順1、2の画像

1

「グローバル通知設定パネル」へアクセスします。

2

「Adobe Flash Playerアップデートのリリース情報を通知します」にチェックを入れ、更新の通知頻度の「アップデート情報の確認を次の間隔で」のプルダウンメニューから、最短の「7日間ごと」を選択します。

この記事を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード

「忘れていませんか? アップデート」に戻る

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

おすすめの記事
人気ランキング
ランキング詳細を見る