is702

身につけておきたい知識とマナー「セキュリティ教本」

Java Runtime Environmentを最新版にする

Java Runtime Environment(JRE)は、Javaプログラム(オンラインゲーム、チャットなど)を実行するためのソフトウェア群です。

JREには、しばしばセキュリティホール(脆弱性)が見つかっています。そのままにしておくと、ウイルス感染などセキュリティ上の危険が高まります。定期的に確認し、最新版にバージョンアップしておきましょう。

アップデート手順の例をご紹介します。
※お使いの環境によって異なる場合があります。

アップデート手順 その1 Java コントロールパネルからアップデートする方法

アップデート手順1-1

1

Windowsの[スタート]ボタン→[コントロール パネル]をクリックし、コントロール パネルを開きます。

↓

アップデート手順1-2

2

[Java]をクリックします。

↓

アップデート手順1-3

3

[Javaコントロールパネル]の[アップデート]タブの[今すぐアップデート]をクリックします。

↓

アップデート手順1-4

4

[アップデートを入手可能]の「インストール」をクリックします。

アップデートなし

すでに最新版の場合は、「このシステムはすでに最新のJava(TM)プラットフォームになっています。」のメッセージが出るので、[OK]をクリックし終了します。

↓

アップデート手順1-5

5

指示に従ってインストールをします。「Javaのインストールに成功しました。」と出れば完了です。

アップデート手順 その2 ―Webサイトで確認後アップデートする方法―

アップデート手順2-1、2-2

1

「Javaソフトウェアのインストール状況の確認」ページへアクセスします。

2

[Javaのバージョンの確認]をクリックします。

↓

アップデート手順2-3

3

インストールされているバージョンが最新版でない場合、左のようなメッセージが出ますので、[Javaソフトウェアを今すぐダウンロード]をクリックします。

Javaのバージョンを確認

最新版がインストールされている場合は「正常な設定です。」と出ますので、そのままブラウザを閉じます。

↓

アップデート手順2-4

4

[無料Javaのダウンロード]をクリックします。

↓

アップデート手順2-5

5

[ファイルのダウンロード]で[実行]をクリックします。

↓

アップデート手順2-6

6

セットアップが始まりますので、指示に従ってインストールします。

↓

アップデート手順2-7

7

「Javaのインストールに成功しました。」と出れば完了です。

「忘れていませんか? アップデート」に戻る
こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

Adobe Readerを最新版にする

Adobe Flash Playerを最新版にする

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ