is702

ウイルス遭遇記

「アダルトサイト」が原因でウイルス感染した3人の事例

case2 動画を探して海外のサイトへ。英語の注意書きをよく読まずクリックして…

黒鼠さん(30歳代男性・宮城県在住)

遭遇時期 2010年2月
被害 常にポップアップ画面が出現、工場出荷状態に戻す羽目に

動画を探して海外のサイトへ

動画を探し、ネットサーフィンをしていたときのこと。いつの間にか海外のアダルトサイトにつないでしまいました。英語の文言(注意書きのようなもの)が出てきたのですが、よく読まずに進んでいました。そのときに登録されてしまったのでしょう。

いつでもどこでもポップアップが出現

すると、いきなり「ご登録ありがとうございました」のような文面と支払期限の書かれた女性の裸画像つきのポップアップが出現しました。デスクトップ画面に出るだけでなく、OutlookやWord、Excelを立ち上げたときにところかまわずポップアップが出てくる状態になってしまいました。俗に言うポップアップウイルスが入ってしまったのです。

復旧作業は丸1日がかり

ポップアップウイルスのありかを探しましたがよくわからず、パソコンは工場出荷状態に戻すことにしました。使っているパソコンはWindows VistaからWindows 7にアップグレードしたものなので、その作業もまたやり直しです。当然必要なプログラムの再インストールも必要で、1日丸つぶれになってしまいました。念のため、警察庁のサイバー犯罪対策にもメールしておきました。

被害に遭わないための意識を高める

今回のことをきっかけに、海外サイトにはなるべく接続しないようにすること、英語でもしっかりと訳して理解すること、少しでも怪しいところは登録しないことを心がけるようになりました。

Webサイトを見ているとたまに出てくる「利用規約」などの注意書き。ついつい読まずに[はい]や[OK]をクリックしてしまいがちですが、支払い条件など重要なことが書いてあることも多いものです。アダルトサイトに限らず、このような注意書きはよく読み、納得ができない場合は先に進まないようにしましょう。

事例一覧に戻る
case3の事例を見る
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ