is702

ひろしとアカリのセキュリティ事情OS・ソフトを更新して脆弱性対策を

2015/02/19

OS・ソフトを更新しよう

WindowsをはじめとするOS(基本ソフト)やソフトの脆弱性(ぜいじゃくせい)を突いてパソコンをウイルスに感染させる攻撃が後を絶ちません。脆弱性は、プログラムの作成過程でのミスなどが原因で生じるソフトのセキュリティ上の欠陥(弱点)のことです。脆弱性を残したままのパソコンでは、悪意のある人物に細工されたWebサイトを閲覧したり、ファイルを開封したりするだけでウイルスに感染してしまうこともあります。

パソコンを安全に利用する上でセキュリティソフトの導入と同じように大切なのは、更新プログラムを適用することです。OSやソフトの開発元は、OSやソフトのサポート期間中、脆弱性を確認すると、それらを修正するための更新プログラムを無償で提供します。ユーザはこれを適用することで、パソコンをより安全に利用できるのです。

新しい脆弱性情報が公表されると、それを悪用してパソコン感染するウイルスもすぐに出回ります。脆弱性の修正が遅れれば遅れるほど、ウイルスに感染するリスクも高まってしまうため、更新プログラムが提供されたらすぐに適用しなければいけません。

ウイルスが狙うのは、Windows OSやInternet Explorer(IE)、Microsoft Office(WordやExcel、PowerPointなど)といった、Microsoft社のソフト製品の脆弱性だけではありません。インターネットを利用しているときに無意識にインストールしたJavaやAdobe Flash Playerなどのソフトや、元々パソコンにインストールされていることの多いAdobe Readerなども狙われます。パソコンに入っているソフトの更新プログラム適用は欠かさず行いましょう。

ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ