is702
ニュース

「なりすましECサイト」の対策マニュアル

2015/04/07

「なりすましECサイト対策協議会」(事務局:一般社団法人セーファーインターネット協会)は4月6日、なりすましECサイトへの対策方法をまとめた「なりすましECサイト対策マニュアル」を、ECサイト事業者向けに公開しました。全15ページのPDFファイルが、セーファーインターネット協会のサイトからダウンロード可能です。

「なりすましECサイト」とは、実在するサイトの外観(屋号、商標、サイト意匠・構成、使用画像など)を真似たり盗用したりして、本物のサイトに見せかけたサイトです。商品販売が目的ではなく、代金を詐取したり、クレジットカードなどの個人情報を盗み取ったりするのが目的です。

だまされたユーザ側はもちろん被害者ですが、ECサイト事業者側も、売上減少・信用失墜・被害者からのクレームなどで、被害者となります。「なりすましECサイト対策マニュアル」はこういった事態を防ぐための対策をまとめた文書で、なりすましECサイトの特徴、被害実態(アンケート結果)、対処法、予防法といった内容で構成されています。

対策としては、問い合わせのあったユーザに的確に説明すること、プロバイダーに削除要請すること、都道府県警察サイバー犯罪相談窓口へ連絡することとなります。また予防方法としては、サイトの目立つところに注意喚起のお知らせを掲示する、検索などによりなりすましが発生していないか確認する、商標権を取得してそれを自身のサイトに使用しておく、電子証明書(SSLサーバ証明書)を活用する、ウェブサイトや運営者情報を信頼された第三者機関に登録するといったことがあげられています。

この3月には、アップルの話題の新製品「Apple Watch」の詐欺サイトも出現しています。EC事業者自身に加え、利用する側のユーザにとっても、このマニュアルが参考になるかもしれません。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ