is702

ニュース 「Adobe Flash Player」の更新を

2016/01/06

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月4日、アドビシステムズの「Adobe Flash Player」に脆弱性が存在するとして、注意を呼びかけました。

それによると、Adobe Flash Playerには、複数の脆弱性(情報番号:APSB16-01)があり、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードを実行させたりする可能性があります。アドビシステムズ社によると、そのなかの1つ「CVE-2015-8651」を悪用した標的型攻撃が、すでに確認されているとのことです。

対象となるバージョンは、「Adobe Flash Player 20.0.0.228およびそれ以前」(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)、「Adobe Flash Player 20.0.0.235およびそれ以前」(Mozilla Firefox、Apple Safariなど)。1月5日18時の時点ですでに最新バージョンが公開されているので、これにアップデートすることで脆弱性は解消されます。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ