is702

ニュース マイクロソフト、WaaSによるセキュリティ効果

2016/02/05

トレンドマイクロは2月5日、公式ブログで「Windows as a Service:セキュリティは改善、運用には課題も」と題する記事を公開しました。マイクロソフトが目指す「Windows as a Service(WaaS、サービスとしてのWindows)」の方向性について考察した内容です。

従来マイクロソフトは、既存の古い製品に対しても、手厚いサポートを提供していました。しかしここ最近は、Internet Explorer(IE)の旧バージョンに対するサポート終了、Windows 8の更新サポート終了などを行い、Windows 10へのアップグレードを推奨しています。またプロセッサによっても、サポート対象外となる方針を打ち出しています。

これらの内容から、「使用されるソフトウェアの種類を極力制限し共通したプラットフォームを使用してほしい」というマイクロソフトの考えが浮かび上がってきます。プラットフォームが限られることで、サポートもやりやすくなりますし、開発資源も集中できます。セキュリティもさらに高まると考えられます。

その背景には、小規模な更新を頻繁に行う代わりに、つねに統一された最新状態でWindows環境を提供するという、「Windows as a Service」(WaaS)のコンセプトがあります。Windows 10でマイクロソフトは、WaaSの考えを採り入れた方針転換を行っています。WaaSのコンセプトは、個人ユーザへの影響は少ないのですが、企業によっては、更新の管理がより重要になると思われます。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ