is702

2011/10/20

受け取りたくない、読みたくない! 迷惑メールの対処法、教えます

インターネットの普及で、メールでのやり取りが当たり前になった現代。メールアドレスさえわかれば誰とでもスムーズに連絡できて便利ですが、一方で、受け取りたくない「迷惑メール(スパムメール)」の被害も増えています。

迷惑メールは、広告・宣伝や勧誘を目的としたものから、身に覚えのない架空請求のような悪質なものまで様々です。

また世界規模で行われるスポーツイベントや甚大な被害をもたらした自然災害など、社会的に注目される出来事が起こると、それに便乗して詐欺行為やデマの流布を目的とした迷惑メールが出回りやすくなります。

今回は、迷惑メールをできるだけ受信しないようにする方法や、受信してしまっても読まずに済ませる方法を紹介します。

迷惑メールを受け取らないために

見知らぬ相手から一方的に送られてくる迷惑メールは、煩わしいものです。それだけでなく、詐欺目的で作られたウェブサイトに誘導する入口がついていたり、開くとウイルスに感染してしまうなど、危険性の高いメールもあるので注意が必要です。

迷惑メールを受信しないようにするには、どうしたらいいでしょうか。

メールアドレスをむやみに公開しない

まずは、メールアドレスをむやみに公開しないこと。例えばSNS、掲示板など誰でも見られるインターネットサービスに書き込みをする際、必要なとき以外はメールアドレスを記載しないようにしましょう。

インターネット上にメールアドレスを公開すると、あっという間に多くの人が知ることになります。中には悪意ある第三者がメールアドレスを収集してリスト化し、不法に売買して利益を得ているかもしれません。

どうしても必要な場合以外は、メールアドレスをできるだけ公開しないようにしましょう。

公開した覚えのないメールアドレス宛てに迷惑メールが届く場合は、アドレスの情報が漏れている可能性もあります。「もしや個人情報漏れ!? そのときあなたがすべきことは?」では、相談できる専門機関やメールアドレスなどの個人情報を漏えいさせないための対策を紹介していますので参考にしてください。

メールアドレスを使い分ける

アドレスをできるだけ公開しないと言っても、ネットショッピングや会員制サービスを利用する際には、メールアドレスの提供や登録が必要になります。

このようなときは、プロバイダ契約で利用していたり、仕事やプライベートでよく使っている重要なアドレスは登録しない、という方法もあります。あらかじめ無料のメールアドレスを準備しておき、万が一迷惑メールが届くようになったら、そのアドレスの利用を停止すればいいのです。

フィルタリングサービスを活用する

プロバイダやメールサービス事業者が、迷惑メールを自動的に排除してくれる「フィルタリングサービス」を提供していることがあります。

事業者側のメールサーバにメールが届いた段階で悪質な迷惑メールを選別し、ユーザに届かないようにシャットアウトしてくれるので、迷惑メールを受信せずに済みます。

「フィルタリングサービス」の手続きや費用は事業者ごとに異なるので、詳しい内容はプロバイダやメールサービス事業者のウェブサイトで確認してください。

またセキュリティ対策ソフトの中には、メールを受信する時にチェックして、迷惑メールの疑いのあるメールを検出したり、受信フォルダに入らないように隔離する機能を備えたものもあります。こうしたセキュリティソフトを導入することも、迷惑メール対策の一つの方法です。

前へ 1 2 3 4 5 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ