is702

4つのポイントでセキュリティを強化! LINEとの上手な付き合い方

2013/04/18
4つのポイントでセキュリティを強化! LINEとの上手な付き合い方

音声通話やチャットなどのリアルタイムコミュニケーションを無料で楽しめるスマホ・パソコン向けアプリのLINE(ライン)。中高生の間で爆発的なブームとなっていますが、その仕組みを理解しないまま使い始めると意図しない人物と友だちになってしまったり、見知らぬ人物から不正なメッセージを送りつけられたりする可能性もあります。本記事ではLINEの仕組みと利用時の注意点を解説します。

スマホをはじめとしたモバイル、パソコン向けのコミュニケーションツールとして人気のLINE。LINEアプリをインストールしたユーザ同士であれば、通信キャリアや端末を問わず、音声通話やメッセージの交換(トーク)を無料で楽しむことができます。操作も簡単でトークする際には、メールボックスを開いたり、返信ボタンを押したりする必要がなく、一度に複数の相手とコミュニケーションを円滑に行えます。また、魅力あふれるオリジナルスタンプや絵文字をトーク内で使用できるなど、便利で楽しい仕組みが充実していることも、若い世代に支持される理由の一つでしょう。2013年1月の情報では、世界230以上の国や地域で使用され、サービス公開から約1年7カ月で登録ユーザ数が1億人を突破しています。(出典:LINE株式会社)

若い世代にも人気のLINEとは? 利用前に「友だち」登録の仕組みを理解しよう

LINEの特徴の1つに通話やトークなどでコミュニケーションできる「友だち」登録の仕組みがあります。具体的には、スマホのアドレス帳にある自分や友人の電話番号や携帯電話用メールアドレスを暗号化してLINEのサーバに送り、他の登録者のアドレス帳データと照合することで、「友だち」や「知り合いかも?」と表示する仕組みです。 「LINE POP」や「LINE バブル」をはじめとするLINEGAMEアプリも、LINE用のアカウント(LINE ID)でログインすれば、「友だち」とスコアを競ったり、アイテムを交換したりすることで親交を深めることができます。LINE IDは「設定」の「プロフィール」から20文字以内の半角英数で設定をすることができます。

若い世代にも人気のLINEとは? 利用前に「友だち」登録の仕組みを理解しよう

これらの仕組みや設定をきちんと理解しないまま使い始めると、スマホ上のアドレス帳に登録された知人の電話番号と携帯電話用メールアドレスが意図せずLINEのサーバに送信されてしまったり、見知らぬ人が想定外に「友だち」になってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったりする可能性もあります。LINEを使い始めてすぐに、「10年以上連絡をとっていなかった知人から突然メッセージが届いた」「仕事上の相手が友だちになってしまった」など、望まない相手とつながってしまう事態に遭遇するのはこのためです。相手にとっても想定外の「友だち」つながりにより、迷惑をかけてしまうかもしれません。

自分の管理外で「友だち」になることを避けたい場合は、LINEの利用開始時に「友だち自動追加」、および「友だちへの追加を許可」設定をオフにすることで対応できます。「友だち自動追加」をオフにして利用を開始すると、アドレス帳に登録したユーザの携帯番号、メールアドレスはLINEのサーバに送信されず、自動で「友だち」がリストに追加されることはありません。また、「友だちへの追加を許可」をオフにすると、あなたの電話番号を保有しているユーザの「友だち」にあなたが自動的に追加されることもありません。

なお、登録時のLINE IDの設定は任意ですが、一度設定すると変更ができません。また、見知らぬユーザにLINE IDを知られてしまうと、ID検索で友だちに追加されることもあります。「設定」>「プロフィール」>「IDの検索を許可」をオフにすれば、ID検索で「友だち」に追加されることを防ぐことができます。LINE IDはメールアドレスなどと同様に取り扱いに注意が必要です。

LINEの利用登録時には本人の認証手段として、電話番号か、Facebookのどちらかを選べます。電話番号を登録したくないユーザは、Facebook認証(Facebookログイン時のIDとパスワード)を利用してください。Facebookで認証する場合は、Facebook上のメールアドレスとプロフィール情報内のFacebook ID、名前、プロフィール写真がLINEで利用されます。

続いては、LINEを悪用する最新のサイバー攻撃を紹介します。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ