is702

2014/02/27

「クラウド」を使うと何ができるの? 便利なクラウドを安全に利用するコツ

印刷用を表示する

「クラウド」という言葉をなんとなく聞いたことはあるけれど、なにを指すのかわからないという方もいるはず。実は、みなさんが利用しているGmailやYahoo!メール、iCloud、Dropboxなどは、クラウドで提供されているサービスです。今回は、主要なクラウドサービスを紹介し、これらを安全に利用するコツを解説します。

<ページ1>

  • クラウドにはどんな利点があるの?

<ページ2>

<ページ3>

クラウドにはどんな利点があるの?

みなさんは、クラウドという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。クラウドはインターネットとほぼ同義で扱われる用語です。

私たちはいまや、Webメールや写真の管理、加工、文書の作成など、さまざまなクラウドサービスをごく自然に利用しています。これまで同様のことを行うためには、パソコンにそれぞれの専用ソフトをインストールし、作成したメールや写真、文書などは、パソコンのハードディスクに保存していました。これに対し、クラウドサービスではパソコンにソフトをインストールすることなく、Webブラウザ経由でこれらの作業を実施し、各種データをインターネット上に保存します。

データを保存している場所を意識することはありませんが、これらはインターネット上にあるクラウドサービスを提供する事業者のコンピュータ内に保管されています。

クラウドの概念図

<クラウドサービスの利点>

  • インターネットに接続できる環境であれば、機器を問わず、いつでも、どこからでも、自由にクラウド上に保存したデータへアクセスできます。
  • クラウドにデータを保存しておけば、手元にあるデータが消失した場合のリスクを大幅に軽減できます。また、どの機器からでも同一のデータにアクセスできるため、例えば、パソコンの買い換え時の新パソコンへのデータ移行の手間も省けます。
  • 一般的にクラウドサービスは、保存するデータの容量に応じた料金体系となっており、必要な分を必要なだけ使うことができます。また、多くのサービスにおいて一定量のデータ保存までは、無料で使えます。簡単な会員登録を済ませばだれもがサービスを利用できる手軽さも魅力です。

続いて、身近なクラウドサービスとそれらの利用メリットを紹介します。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ