is702

2014/04/10

勝手にメッセージを拡散!? SNSのスパムツイートやスパムアプリに要注意

印刷用を表示する

<ページ1>

<ページ2>

<ページ3>

  • 見覚えのないアプリ連携は取り消しを

見覚えのないアプリ連携は取り消しを

スパムツイートやスパムアプリによって、プライバシー情報がアプリ開発元に渡されるのは「アプリ連携」を許可した場合です。アプリ連携の承認ページでは、アプリに許可する権限の一覧が必ず表示されるため、プライバシー情報を対価に、そのアプリを利用するメリットがあるかどうかを慎重に判断してください。その際、アプリの開発元が悪質な業者である可能性についても考慮すべきです。

スパムアプリの連携をうっかり許可してしまった場合は、速やかに許可を取り消しましょう。一度利用したスパムアプリは削除しない限り、連携を許可したままの状態になっています。

Twitterの場合、右上の歯車のマークをクリックして設定を選択。左側のアプリ連携を押します。一覧上で、見覚えのないアプリや不要なアプリの許可を取り消してください。もし、スパムツイートを勝手に投稿された場合は、その上にカーソルを合わせて投稿を「削除」し、スパム投稿をしてしまったことをフォロワーに通知しましょう。

見覚えのないアプリ連携は取り消しを

Facebookの場合、ログインして右上のメニュー(▼)から設定をクリックし、左側の表示項目から「アプリ」を選択します。利用しているアプリの一覧で見覚えのない、あるいは不要なアプリの右側の「×」を押します。「●●を削除しますか?」という画面が現れたらチェックボックスに印を付け、削除をクリックしてください。もし、自身の掲示板にスパムアプリの投稿があれば、投稿の右上の×を押して削除しましょう。

見覚えのないアプリ連携は取り消しを

友人が利用しているアプリが原因であなたのプライバシー情報が漏えいしてしまうこともあります。友人がスパムアプリに対し、友人リストへのアクセスを許可した場合、情報漏えいと無関係ではいられなくなります。Facebookの基本設定では、友人が利用するアプリから、あなたの情報へ自由にアクセスできるようになっています。友人が利用するアプリに対し、情報を漏らしてしまうことを防ぐため、次の設定を行ってください。

ログインして右上のメニュー(▼)から設定をクリックし、左側の表示項目から「アプリ」を選択してください。「他のユーザーが使用しているアプリ」の編集をクリックすると、アプリやゲーム、外部サイトで友人に公開する情報の種類を選択できる画面が表示されます。全てのチェックを外し、「変更を保存」ボタンを押しましょう。これで友人の使用するアプリからあなたの情報へアクセスすることはできなくなります。

見覚えのないアプリ連携は取り消しを

サイバー攻撃者は、常に人気のアプリやサービスに便乗し、人の心理や行動の隙をついて、情報や金銭をだまし取ろうと罠を仕掛けます。好奇心だけが先に立った安易な行動で意図せずプライバシー情報を漏えいさせないよう、クリックの直前に、もう一度表示されるメッセージを読み直し、クリック後に起こりうることを予測しましょう。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ