is702

ネットバンキングを安心して利用する5つのヒント認証情報の漏えいを防ぐのがカギ

2014/08/07
ネットバンキングを安心して利用する5つのヒント認証情報の漏えいを防ぐのがカギ

ネットバンキング利用者への5つのアドバイス

ネットバンキングをより安全に利用するポイントは大きく5つです。

認証情報の入力時には、一度立ち止まって考える

認証情報を入力するタイミングでは、必ずいったん立ち止まりましょう。普段と違うタイミングで認証情報の入力が求められる、多くの認証情報を求めてくる、表示される画面にどこか違和感があるなど、少しでもおかしいと思ったら、操作をやめて電話などで銀行に問い合わせましょう。

セキュリティ対策ソフトを導入する

オンライン銀行詐欺ツールやフィッシング詐欺による不正送金被害をさけるためにも、PCにセキュリティ対策ソフトを導入し、最新の状態で使いましょう。使っているOSやソフトウェアに対する最新の更新プログラムを適用することも重要です。

取引履歴を定期的に確認し、通知機能を設定する

何らかのオンライン取引があった場合、事前に登録したメールアドレスに通知してくれるサービスを提供する金融機関もあります。身に覚えのない取引があったときにすぐに取引停止の手続きをとれるようにしましょう。

銀行の提供しているセキュリティ情報を知る

利用している金融機関の提供するセキュリティ対策や注意喚起情報を確認しましょう。例えば二要素認証が複数提供されている場合、秘密の質問より、トークンを利用するなど、より安全な対策を選択することができます。また、各金融機関では、実際の偽画面などを詳細に解説し、注意喚起を行っています。これらの情報をこまめにチェックし、対策に役立てましょう。

メールの添付ファイルやリンクを安易にクリックしない

メールの添付ファイルやリンクにはウイルスに感染させたり、不正なWebサイトへ誘導したりする罠が仕掛けられている恐れがあるため、安易なクリックは避けましょう。

不正送金被害を回避する有効な策は、犯罪の手口を知ることです。“金融機関がこのタイミングでポップアップを表示して個人情報を照会することはない”と知っていれば、セキュリティを強化するためなどと称してID/パスワードの入力を促すポップアップを表示されても適切に対処できます。5つのポイントを実践し、便利なネットバンキングを有効に活用してください。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ