is702

2011/06/16

ここをチェックすれば安心! オンラインショッピング利用のコツ

オンラインショッピングは、インターネットを利用した通販の一つです。

オンラインショッピングの魅力は、日用品はもちろん、海外の製品や地方の名産品など、なかなか入手できないものも、家にいながら購入できること。ネット限定販売の商品も続々と登場し、今やほとんどのものがネットで買えるようになっています。

またオンラインショッピングは、選択肢が広いのも特徴です。同じ商品でも、扱っている店によって価格やサービスが違うこともあります。これらをネット上で比較検討しながら、「欲しい商品をどの店で買うか」を決められるので、「少しでも早く、少しでも安く欲しい」というニーズにも応えてくれます。

一方でオンラインショッピングの利用に不安を感じる人も、少なくないかもしれません。詐欺目的の不正請求をされないか、個人情報の取り扱いに気を配っているのか、注文した商品が届かないのではないか、といった不安です。

今回はセキュリティの観点から、安心してオンラインショッピングを楽しむためのポイントを紹介します。

<ページ1>

  • 安心して買い物ができるショップを見極めるには

<ページ2>

<ページ3>

安心して買い物ができるショップを見極めるには

オンラインショッピングを賢く利用するための最大のポイントは、「ショップ(お店)選び」にあります。

欲しかった商品が格安で売りに出されている…。そんな情報を見つけたら、一刻も早く手に入れたくなるもの。しかし、商品の購入を決める前に、まずそのショップが信用できるかどうかを確認することが先決です。ショップのウェブサイトでは、以下のポイントを基に、信頼できるショップかどうかをチェックしましょう。

(1)商品の取り扱い業者として、身元や商品取引のためのルールを明らかにしていること

オンラインショップを運営する通信販売事業者には、特定商取引法により「通信販売の法規に基づく表示」を掲載することが義務づけられています。ウェブサイトに代表者名、連絡先、実店舗の所在地などが明記されていれば、ショップの実態が確認できます。

また、「ショッピングガイド」「ご利用案内」という形で、ウェブサイトに商品売買のルールも記載されているはずです。支払い方法や配送方法、送料の有無などは、購入前に必ずチェックしておきたい情報でもあるので、早めに確認するクセをつけておきましょう。

(2)個人情報の取り扱いに対する姿勢を明らかにしていること

オンラインショッピングをするときには、商品の届け先として住所や氏名などの連絡先を入力したり、支払方法によってはクレジットカード番号を入力するなど、個人情報をショップに送付する場合があります。これらの個人情報を取り扱う事業者は、個人情報保護法に基づき、ウェブサイトに「個人情報の取り扱いに対する姿勢(プライバシーポリシー)」を明記することが義務づけられています。

こうしたルールをきちんと守っているかどうかが、信頼できるショップかどうかを図る目安の一つになります。プライバシーポリシーの記述がなかったり、記載内容があいまいな場合は、信用できないショップだと判断してもいいでしょう。

(3)クチコミ情報でショップの評判を調べてみる

利用したいショップの名前を検索サイトに入力して探してみると、そのショップに関して書かれたブログやクチコミ情報などを通じて、過去にそのショップを利用した人の感想を見つけられることがあります。ショップの評価をするには、こうした利用者の生の声を参考にしてもよいでしょう。

図:信頼できるショップかどうかチェックする

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ