is702

セキュリティ教本

 

離席時のパソコンロック ~スクリーンセーバー編~

パソコンを使用していてちょっと席を外すとき、いちいち電源を切るのは面倒。しかし、そのままでは離席中にほかの人が使うことができてしまいます。Windowsのスクリーンセーバーにパスワードを設定しておくと、スクリーンセーバーから復帰するときにパスワードが必要になり、安全性が高まります。手軽な方法としておすすめです。
この機能を使うには、あらかじめWindowsのログオンパスワードを設定しておく必要があります。

Windowsのログオンパスワードの設定方法はこちら

※Windows XPを例として手順を紹介します。
 

操作手順

スクリーンセーバーにパスワードを設定する手順1 1

デスクトップ画面のなにもないところで右クリック→[プロパティ]をクリックします。

1
2

[画面のプロパティ]の[スクリーン セーバー]タブをクリックします。

1,2は、[スタート]ボタン→[コントロール パネル]→[デスクトップの表示とテーマ]→[スクリーン セーバーを選択する]をクリックでも同じです。

1
スクリーンセーバーにパスワードを設定する手順2 3

[待ち時間]を設定し、[パスワードによる保護]にチェックを入れます。

1
4

このように設定しておくと、設定した時間が過ぎて再びパソコンを使用するときにWindowsのログオンパスワードが求められます。

この記事を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ