is702

ひろしとアカリのセキュリティ事情スマホのロック、慎重に設定していますか?

2015/01/22

スマホの画面ロック、慎重に設定していますか?

持ち歩くのが当たり前のスマホは、盗まれたり、紛失したりしてしまうトラブルに見舞われやすいもの。万一、悪意ある誰かの手に渡った場合、保存してある写真を見られて恥ずかしい思いをするだけではすみません。スマホ内の連絡先情報やネットバンキングやネットショッピングなどのオンラインサービスを不正使用されてしまう恐れがあります。

スマホの盗難・紛失に備え、だれでもできる対策の1つが画面ロックです。スマホは、画面をロックするよう設定できます。ロックを解くためにはあらかじめ登録しておいた暗証番号などの認証情報を入力しなければならないため、スマホを不正使用されにくくなります。画面ロックの設定時は、ロック解除されにくい方法を選ぶことも大切です。

Android端末では、「暗証番号」、「パスワード」、「パターン」などのロック方式を使えます。

・暗証番号:4桁以上の数字を入力してロックを解きます。
・パスワード:4文字以上の英数字・記号を入力してロックを解きます。
・パターン:画面に表示される9つの点のうち、4つ以上の点を結ぶことでロックを解きます。

パターンによるロック方式 (Android端末)

iPhoneでは「簡単なパスコード(数字4桁)/パスコード(英数字、記号の組み合わせ)」を選択できます。「簡単なパスコード」をOFFにすると、英数字と記号の組み合わせによる4桁以上のパスコードを設定できます。

パスコードの設定変更画面 (iPhone)

パスコードが複雑だと毎回の入力が不便だと感じる場合、iPhone5S以降であればTouch ID機能が便利です。「iPhoneロックを解除」をONにするとあらかじめ登録した指紋情報を使ってロックを解くことができます。 (※iPhoneを再起動した際には、パスコードの入力が必要です。)

Touch IDの設定画面(iPhone)

ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ