is702
ひろしとアカリのセキュリティ事情

偽Wi-Fiスポットに要注意

2019/06/06

偽Wi-Fiスポットにつなぐと通信内容が盗み見されるかも

駅や空港、カフェ、コンビニ、観光地などにおける公衆Wi-Fiスポットの整備が進んでいます。みなさんは、それらの公衆Wi-Fiを不用意に利用していませんか。万一、悪意のある第三者が設置した偽のWi-Fiスポットにつないでしまうと、端末の通信内容を盗み見られたり、不正サイトへ誘い込まれたりする可能性があります。

悪意のある第三者は、その場所で提供されている公衆Wi-Fiスポットの周辺に同名、あるいは似た名称のSSID(ネットワーク名)を持つ偽Wi-Fiスポットを設置し、そこに誤って接続してしまう利用者を待ちかまえていることがあります。また、利用者の意図しないところで、以前つないだことのあるSSIDと同名の偽Wi-Fiスポットにスマホやタブレット端末が自動で接続してしまうこともあります。これは、一度でも接続したSSIDの電波圏に入ると、自動的に接続する端末の機能を悪用しているのです。
一時的につないだ公衆Wi-Fiに自動接続させないよう端末のネットワーク設定を見直すことも重要です。公衆Wi-Fiの利用を終えたら都度、ネットワーク設定そのものを削除するか、ネットワークごとに自動接続をさせるかどうかを選択しましょう。(※OSや機種によって設定方法が異なります)

ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
  • フラウネッツ
  • セキュリティブログ
フラウネッツ
セキュリティブログ