is702

IPA、今月の呼びかけは「偽セキュリティ対策ソフト」の対策

2013/4/2

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月1日、2013年4月の呼びかけ「どうして偽セキュリティ対策ソフトがインストールされるの?~基本的な対策を知って、慎重にネットサーフィンしよう~」を発表しました。

それによると、「ウイルスに感染している」「ハードディスク内にエラーが見つかりました」といった偽の警告画面を表示し、それらを解決するためとして有償版製品の購入を迫る、「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルスの相談・届出が、引き続き多く寄せられているとのこと。IPAでは、これらの「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルスの手口を紹介し、対策を呼びかけています。

「偽セキュリティ対策ソフト」は、正規のセキュリティ対策ソフトと区別がつかないような画面、ウイルス対策ソフトを連想させるソフト名やアイコンを使ったものが多く、具体的には「AVASoft Professional Antivirus」「System Repair」「System Progressive Protection」「Live Security Platinum」「Smart Fortress」といった名称の「偽セキュリティ対策ソフト」がこれに当たるとしています。なお、この種のウイルスの中には、ウイルスの駆除やパソコンからのデータの退避(バックアップ)作業を妨害するものもあるため、深刻な被害を受ける場合があります。

IPAでは、「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルスの被害に遭わないための対策は、このウイルスに限った特別なものではなく、基本的なセキュリティ対策を漏れなく実施することだとしています。また、IPAへのウイルス届出によると、感染被害の多くは“ドライブ・バイ・ダウンロード”攻撃によるものだとしています。

そのため、具体的にウイルス被害に遭わない対策としては、「OSと各種プログラムを常に最新状態にする(パソコンの脆弱性を解消する)」「ウイルス対策ソフトを“意識しながら”使用する」「重要なデータを定期的にバックアップする」といったポイントがあげられています。またサイト管理者に対しては、Webサイトが改ざんされてウイルスをばら撒くようなサイトにされないように、「サーバの脆弱性の解消」「アカウント管理の見直し」「Webサイトを更新できる場所(IPアドレスなど)を限定」「Webサイト更新専用パソコンの使用」といったポイントがあげられています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ