is702

約9割の親が「子どものSNS利用」について否定的 ― トレンドマイクロ

2013/4/16

トレンドマイクロは4月16日、「小・中学生のインターネット利用に関するセキュリティ調査」の結果を公表しました。この調査は、インターネットを利用する小・中学生(小学4年生~中学3年生)の保護者(親)412名を対象に、2013年3月28日~29日の期間に実施されました。

まず、「子どものSNS利用」に関しては、「利用させたくない」(38.3%)、「どちらかというと利用させたくない」(49.8%)となり、あわせて88.1%の親が「子どものSNS利用」について否定的でした。「SNSにおける適切な情報公開範囲」も「実際の友人まで」が84.5%となっており、“現実の関係の延長”とすることを望む傾向が見て取れます。一方で、実際にSNSを利用している子どもをもつ親で、情報の公開範囲を設定・確認している親は54.1%と約半数にとどまっており、「情報の公開範囲の設定/確認」が親の急務だと、トレンドマイクロでは指摘しています。

次に「子どものインターネット利用」に関しては、83.5%の親がなんらかの「不安や心配」を抱いていました。「意図しない課金サービス(サイト・アプリ・ゲームなど)の利用」(58.3%)、「有害サイト(アダルト、出会い系、違法行為の勧誘サイトなど)や不適切(性的行為などをイメージさせる画像など)な画像の閲覧」(57.3%)、「個人情報の漏洩(掲示板やSNSに氏名、学校名、住所、電話番号などを書き込むなど)」(50.2%)などが大きな値を示しています。

しかし、「不安を解消するための対策」に関しては、URLフィルタリングを「すべての端末で対策している」が18.0%、ペアレンタルコントロールを「すべての端末で対策している」が11.7%と、非常に低い数値となりました。ウイルス対策でさえ59.2%に留まっており、子どもが利用する端末で、セキュリティ対策が進んでいない現状が調査から明らかになっています。

  • フラウネッツ
  • セキュリティブログ
フラウネッツ
セキュリティブログ