is702

アップルSafariが脆弱性対策でアップデート

2014/05/27

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月26日、共同で運営する脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」において、アップルのブラウザ「Safari」に存在する脆弱性について、最新情報を更新しました。

それによると、アップルSafariには複数の脆弱性が存在し、これに対するアップデートが公開されたとのことです。想定される影響は各脆弱性により異なり、サービス運用妨害(DoS)攻撃を受けたり、任意のコードが実行されたりする可能性があります。

これら複数の脆弱性に対処するためには、最新版であるSafari 7.0.4、およびSafari 6.1.4へアップデートすることが推奨されています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ