is702
ニュース

Twitterの「アプリ連携」に要注意

2015/05/07

東京都は5月1日、Twitterの「アプリ連携」を悪用する手口について、消費生活総合サイト「東京くらしWEB」を通して注意を呼びかけました。

ここ最近、サングラスの購入を勧めるようなツイートを、友人が急に行い始めた、といった不審なケースが発生しています。これらは、Twitterの「アプリ連携」を悪用した“なりすましツイート”です。こうしたツイートを信じ、ツイート内のURLをクリックしてしまうと、不正サイトに誘導されます。さらに、自分自身のアカウントも不審なツイートを行ってしまう可能性もあります。

「アプリ連携」は、Twitterを通じて簡単に、アプリの認証を行うための機能です。認証を行うことで、ツイートの下書保存や予約投稿ができたり、ツイート表示をタグで整理できたりできるようになりますが、一方で、不正なアプリも、連携をさせようと誘導してきます。

こうした不正アプリとは気づかず、確認画面で「認証」ボタンを押してしまうと、自身のアカウントが悪用されてしまいます。不正アプリがTwitterのアカウントを乗っ取ると、利用者になりすまして、架空請求するアダルトサイトや、偽のショッピングサイトなどに誘導するツイートを、友人などに向け勝手に行います。

東京都では、「アプリ連携を行う時は信用できるアプリかどうか、許可する権限は何かに注意する」「アカウントの設定を確認し、身に覚えのないアプリ連携は取り消す」「疑問、不安に思ったら最寄りの消費生活センターへ相談する」(相談専用電話 03-3235-1155)といったことに注意するよう呼びかけています。

「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。
「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。