is702
ニュース

子どもの利用アプリを制限している親は4割以下

2016/05/27

トレンドマイクロは5月26日、「保護者のITセキュリティ意識」について実施したWebアンケート調査の結果を発表しました。この調査は3月30日~31日に実施され、スマートフォンを持つ子ども(小学校高学年・中学生・高校生)の保護者618名から回答を得ました。

調査の結果、「子どものスマートフォン利用」について、「セキュリティ上の不安を感じる」とした保護者が73.6%と7割以上を占める一方、「子どものスマートフォンの利用ルール」について、「利用場所・場面、アプリ・サービスの制限をしている」とした保護者は4割以下であることが明らかになりました。

また、約9割の保護者が「保護者もインターネットセキュリティについて学ぶ必要性がある」と回答しています(「大いにあると思う」「ややあると思う」の合計)。一方で、「人気ゲームに偽装した不正アプリ」「景品が当たると詐称する不正サイト」など、子どもが被害を受ける可能性のあるものについて、保護者の半数がこれらを知りませんでした。また、子どものスマートフォンの利用ルールについて聞いたところ、「利用時間の制限」は半数以上の回答者が行っていましたが、「スマホの利用場所・場面の制限」「スマホアプリ・サービスの制限」は、いずれも4割以下にとどまっています。

子どもが安全なインターネット利用を学ぶために必要な取り組みについて聞いたところ、「家庭での話し合い」と「学校・クラスでの授業」を7割以上の回答者が挙げました。

  • ウィルスメール対策・迷惑メール対策 ポテトだから安心・充実・高機能
  • ウィルスバスターマルチデバイス月額版
  • i-フィルター for プロバイダー
ウィルスメール対策・迷惑メール対策 ポテトだから安心・充実・高機能
ウィルスバスターマルチデバイス月額版
i-フィルター for プロバイダー