is702
ニュース

「ユーザー調査」に見せかけたネット詐欺が流行中

2016/08/30

トレンドマイクロは8月29日、公式ブログで「繰り返されるネット詐欺事例、アンケートからフィッシングへ誘導」と題する記事を公開しました。「Chrome:ユーザー調査」と称する不審なWeb表示が、8月中旬から流行しているとのことです。

トレンドマイクロが調査した結果、この表示は、Chrome利用者だけでなくPCやモバイル利用者全体を対象にしていました。最終的には、利用者のクレジットカード情報を狙うフィッシングサイトにつながる「アンケート詐欺」だと確認されました。このアンケートに回答していくと、最終的には動画配信サービスへの会員登録のあと、「居住国の確認のため」と称してクレジットカード情報の入力を促され、個人情報が詐取されます。

Webコンテンツをホストしたドメイン約2万件に対して調査したところ、8月8日~8月28日の3週間で、日本からおよそ1万3,000件のアクセスがあったことが確認されました。また、使用するブラウザに応じて表示が変化すること、AndroidやiOSなどのモバイル端末も対象にしていることが確認されています。誘導の方法の詳細は確認中ですが、不正広告によるものと推測されています。

このように、「アンケート」「プレゼント当選」の名目で、利用者を誘導する手法は定期的に発生しており、興味本位でアクセスすることは非常に危険です。また、いつも見ているサイト上での表示、友人からのメッセージでも、誘導先サイトの正当性には注意が必要です。短縮URLはさらなる注意が必要でしょう。




モバイル端末でアクセスした場合のアンケート詐欺 Web表示の例(左:iOS の Safari、右:Android の Chrome)

モバイル端末でアクセスした場合のアンケート詐欺 Web表示の例


(左:iOS の Safari、右:Android の Chrome)