is702
ニュース

事業者と利用者向け“IoT時代のWi-Fiセキュリティガイド”を公開

2016/12/15

トレンドマイクロは12月13日、Wi-Fi提供事業者および利用者に向け「IoT時代を見据えたWi-Fiセキュリティガイド」を公開しました。

Wi-Fi環境は、パソコンやスマートフォンの普及に比例して拡大しています。とくに日本では、2020年開催予定の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、空港や駅構内、ホテル、カフェ、コンビニエンスストアなど、幅広い場所で整備が進んでいます。また、近年急拡大している「IoT」(Internet of Things、モノのインターネット)を支えるインフラとしても、重要な役割を果たしています。本ガイドは、Wi-Fi環境をとりまくセキュリティ脅威をあらためて解説するとともに、Wi-Fiサービスの提供事業者、さらには利用者が実施するべき対策を解説する内容です。

Wi-Fiにおける脅威については、「通信の盗聴」「通信の改変」「端末への攻撃」「その他の脅威」の4つに分類し、設定不備によるもの、不正サイトや不正アクセスポイントに誘導されて起こるもの、脆弱性の悪用によるものなど、それぞれの脅威について細やかに解説しています。

そのうえで対策も説明。Wi-Fiへの脅威は「攻撃者がアクセスポイントに物理的に近接しなくても活動可能であり、利用者が気付きにくい」という特徴があるため、それぞれの層でしっかりと対策を講じる必要があるとしています。

具体的に、提供者が実施すべき対策では、不要なアクセス・通信の遮断、設定の充分な確認、最新環境への更新などがあげられています。また利用者では、必要な時にだけ有効化する、セキュリティが十分でない公衆Wi-Fi利用は控える、重要情報のやりとりはしない、といったポイントがあげられています。

ガイド全文は、トレンドマイクロのサイトよりダウンロード可能です。



Wi-Fi環境におけるセキュリティ脅威の分類(本ガイドラインより抜粋)<br />

Wi-Fi環境におけるセキュリティ脅威の分類(本ガイドラインより抜粋)


  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ