is702
ニュース

「Windows Vista」の全サポート、4月11日で終了

2017/04/11

マイクロソフトは日本時間2017年4月11日で、「Windows Vista」の延長サポートを終了します。4月12日以降は、一切の修正プログラムが提供されなくなります。

マイクロソフトでは、5年間の「メインストリームサポート」と5年間の「延長サポート」、計10年間のサポートを、製品発売後に提供する方針ですが、「Windows Vista」は2007年1月30日に全世界で発売されており、今年で期限を迎えました。延長サポート終了後もPCを使い続けることは可能ですが、脆弱性が見つかっても、セキュリティ更新プログラムは提供されず、つねにセキュリティリスクを抱えた状態となります。

すでに移行を終えたユーザが大半と思われますが、もしまだWindows Vistaおよびそれ以前のバージョンのWindowsを使っている場合は、早急にアップグレードするのが望ましいでしょう。その際は、新しいバージョンのWindowsが現行機種で動作するか、事前に確認することが重要です。マイクロソフトでは、動作条件によっては、新しいPCの購入を検討するよう推奨しています。

なお、Windows 7は2020年1月14日に、Windows 8/8.1は2023年1月10日に、Windows 10は2025年10月14日に、延長サポートが終了する予定です。


  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ