is702
ニュース

ランサムウェア「WannaCry」の攻撃、国内でも16,436件を確認

2017/05/17


トレンドマイクロは5月16日、公式ブログで「ランサムウェア『WannaCry/Wcry』による国内への攻撃を16,436件確認」と題する記事を公開しました。

すでにサポートを終了していたWindows XPの更新プログラムが配布される等、先週末より世界的な事件となっているランサムウェア「WannaCry」ですが、トレンドマイクロが確認した結果、日本も多くの攻撃を受けていたことが判明しました。

同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」が集計したデータによると、5月12日21時42分~15日9時00分(日本時間)の間に、確認・ブロックした「WannaCry」の攻撃は、全世界で92,141件、日本国内で13,645件でした。5月12日21時42分というのは、攻撃が急拡大し、トレンドマイクロが「緊急事態」と判断したタイミングにあたります。

このタイミング以前・以後のデータも加算すると、2017年5月7日9時00分~5月16日9時00分の9日間で、合計16,436件の攻撃を、日本国内で確認・ブロックしていました。この攻撃数は、法人のパソコンについては、ネットワークに複数台ある場合も「1件」とカウントされているため、実際にはさらに多い台数が攻撃されたと推測されています。

国別で見ると、初期の2017年5月7日9時00分~5月12日21時42分の間に、トレンドマイクロが確認・ブロックした「WannaCry」は2,128件で、日本への攻撃は105件。日本が占める割合は5%以下にとどまっていました。しかし、緊急事態発令後の2017年5月12日21時42分~5月15日9時00分では、日本が占める割合は14%近くまで上昇しており、海外に限った「対岸の火事」では済まない状況であると言えます。

今後、WannaCryや類似ランサムウェアによる攻撃が続く可能性があります。脆弱性に対するパッチ適用、バックアップの保存等、日頃からできるだけ対策を行ってください。



トレンドマイクロがブロックしたWannaCry国別攻撃数(緊急事態発令後:2017年5月12日21時42分~5月15日9時00分)<br />

トレンドマイクロがブロックしたWannaCry国別攻撃数(緊急事態発令後:2017年5月12日21時42分~5月15日9時00分)


  • hi-hoウイルスバスター月額版
  • hi-ho セキュリティサービス
hi-hoウイルスバスター月額版
hi-ho セキュリティサービス