is702
ニュース

子どものSNSトラブル、「生活への悪影響」「不正アクセス被害」等が上位に

2017/07/07

トレンドマイクロは7月6日、「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表しました。約3割の子どもが、SNSでトラブルに遭っていること等、現状が明らかとなりました。

この調査は、Facebook、Twitter、LINE等のSNS(Social Networking Service)を、スマートフォンで利用している子ども(小学4年生~6年生・中学1年生~3年生)を持つ保護者を対象にしたものです。調査期間は4月20日~22日で、618名から回答を得ました。

それによると、「SNS利用中に、子どもが何らかのトラブルを経験した」と回答した保護者は26.2%。「トラブルがあったかどうか知らない・分からない」という回答も11.7%あり、潜在的なものも含めると、かなりの割合になります。具体的なトラブル内容としては、「SNSに熱中して、勉強など生活習慣に悪影響が出てしまった(13.9%)」が、唯一1割を超えて最多。そのほかは分散しており、不正アクセス被害、有害サイトの閲覧、架空請求被害、誹謗中傷と、多岐にわたっています。有害サイト・有害情報に子どもが接触していなくても、いわゆる“SNS依存”に困っている保護者像が浮かびます。

一方で、「子どものSNS利用時のセキュリティ対策」について聞いたところ、「不審なWebサイトへのリンクをクリックしないことを教える」43.9%が最多でしたが、半数にも満たないことが判明しました。「特になし」と回答した保護者も24.6%とかなりの割合を占めています。

さらに、「何らかのトラブル経験がある」とした保護者は、対策の実施率が88.9%だったのに対し、「特に経験がない」とした保護者は66.8%にとどまっていました。この結果についてトレンドマイクロでは、「子どもがトラブルに遭ったのでセキュリティ対策を行った」もしくは「対策をしていたのでトラブルに遭ったことが判明した」と推測しています。

セキュリティ対策を行うことは、予防はもちろん、万が一のトラブル発生時の状況把握にも有効だと言えるでしょう。子どもと保護者で話し合い、積極的に対策を導入してください。



SNS利用中に子どもが経験したトラブル(n=618、複数回答)<br />

SNS利用中に子どもが経験したトラブル(n=618、複数回答)


  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ