is702
ニュース

仮想通貨の発掘ソフトを乗っ取るIoTボットの亜種が発見

2018/01/30

トレンドマイクロは1月26日、公式ブログで「仮想通貨『Ether』を発掘するソフトウェア『Claymore』を狙う『Satori』の新しい亜種を確認」と題する記事を公開しました。

現在世間で話題を集める仮想通貨を取得する手段の一つでもある仮想通貨発掘ソフトウェア「Claymore」を乗っ取る「Satori(サトリ、別名Mirai Okiru)」の亜種がリサーチャによって確認されました。

「Satori」は、悪名高いIoTボット「Mirai」の後継的存在とされており、2017年12月に発生した攻撃では、12時間で28万個のIPアドレスが影響を受けたとされています。

今回新たに発見されたSatoriの亜種は、IoT機器やネットワーク機器を攻撃しない代わりに、Claymoreの設定を書き換え、発掘した仮想通貨を窃取するよう改造されていました。実際に攻撃者は、乗っ取ったClaymoreを利用して、10日間で1010万710ETH(約12万769円相当)を発掘したと推測されています。

仮想通貨発掘ソフトウェアを使用しているユーザは、設定が変更されていないか確認し、該当のソフトウェアを最新版に更新してください。あわせて、こうした脅威を避けるために、使用しているネットワーク機器のセキュリティ設定やセキュリティ対策ソフトが最新版に更新されているかも併せて確認しましょう。