is702
ニュース

インターネット利用、約7割がトラブルへの不安を抱える|内閣府

2018/11/12

内閣府(内閣府大臣官房政府広報室)は11月9日、「インターネットの安全・安心に関する世論調査(平成30年9月調査)概略版」を公開しました。

この調査は、今後の施策の参考にするため、インターネットのトラブル等について現状を把握するものです。具体的には、9月20日~9月30日の期間に、18歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象に、調査員による個別面接聴取が行われました(有効回収数1,666人)。

それによると、「インターネットの利用に関連するトラブル」について、「不安がある」+「どちらかといえば不安がある」と回答した人の割合は67.6%。具体的に不安がある内容としては、「個人情報が流出すること」が79.6%でトップでした。その他の不安としては、「詐欺などにあって、金品などを取られること」51.7%、「子供や家族が危険な目に遭うこと」45.2%、「SNSやブログなどで誹謗中傷を受けること」36.6%の順で続いています。

「インターネットのトラブルに関連した言葉の見聞」(認知)に関する質問では、「コンピューターウイルス」74.5%に並ぶ多さで、「ネットいじめ」71.2%が2位にあがりました。「偽の電子メールによる個人情報の流出」56.4%、「わいせつな画像を要求される自画撮り被害」56.2%も過半数でしたが、「どれも知らない」11.0%という層も存在しました。

一方で、「インターネットを安全・安心に利用するために、何らかの対策を行っていますか」という質問に対し、「行っている」と回答したのは19.7%に留まっています。「行っているが、十分かどうかわからない」33.4%を加えてもほぼ5割です。対策を行っていない層は、その理由として「何を行ってよいかわからない」60.1%をもっとも多くあげています。「考えたことがない」14.6%、「費用がかかるから」12.8%、「時間がないから」12.5%よりも遥かに多いことから、今後はネットセキュリティに関する対策や知識の啓発等が重点施策となるでしょう。



「インターネットの安全・安心に関する世論調査(平成30年9月調査)概略版」(内閣府)<br />7ページより抜粋

「インターネットの安全・安心に関する世論調査(平成30年9月調査)概略版」(内閣府)
7ページより抜粋



※出典
「インターネットの安全・安心に関する世論調査(平成30年9月調査)概略版」(内閣府)
https://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h30/h30-net.pdf
(2018年11月12日に利用)

「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。
「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。