is702
ニュース

サイバー犯罪の日本語化進む、2018年第3四半期脅威動向|トレンドマイクロ

2018/11/30

トレンドマイクロは11月29日、日本と海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2018年第3四半期セキュリティラウンドアップ:日本語化される法人向け詐欺と個人への脅迫」を公開しました。

それによると、2018年第3四半期(7月~9月)には、日本語による「ビジネスメール詐欺(BEC)」が初確認されたほか、セクストーションスパムでも日本語の脅迫メールが使われる等、「サイバー犯罪の日本語化」が顕著でした。

7月には、日本語を使用したビジネスメール詐欺が、初めて確認されました。この事例では、特定企業の最高経営責任者(CEO)になりすましてメールを送信し、同社に在籍している担当者を騙そうとしていました。

9月中旬以降では、受信者の性的な動画や写真を入手していると脅迫するばらまき型の「性的脅迫」(セクストーション)スパムメールが、国内で大量に拡散しました。トレンドマイクロでは、9月19日~30日の12日間だけで約3万6,000件の脅迫メールが国内で拡散し、その間に約250万円相当のビットコイン(3.41BTC)が“口止め料”として支払われた可能性があることを確認しています。

そのほかにも、2018年第3四半期には、偽のSMS(ショートメッセージサービス)から不正サイトに誘導して、不正アプリをインストールさせたり、フィッシングサイトで情報を窃取しようとするサイバー犯罪が急拡大しました。

これらの事例は、いずれも日本国内の企業や一般ユーザを巧妙に狙っています。改めて最新の手口を知ることでこのようなサイバー犯罪を回避するとともに、セキュリティ対策製品を活用するのが望ましいでしょう。

「2018年第3四半期セキュリティラウンドアップ」全文は、トレンドマイクロのサイトよりPDFファイルとしてダウンロードが可能です。また、公式ブログでは「日本語化される法人向け詐欺と個人への脅迫、2018年第3四半期の脅威動向を分析」と題する記事も公開されています。




「2018年第3四半期セキュリティラウンドアップ」表紙

「2018年第3四半期セキュリティラウンドアップ」表紙

  • ウィルスメール対策・迷惑メール対策 ポテトだから安心・充実・高機能
  • ウィルスバスターマルチデバイス月額版
  • i-フィルター for プロバイダー
ウィルスメール対策・迷惑メール対策 ポテトだから安心・充実・高機能
ウィルスバスターマルチデバイス月額版
i-フィルター for プロバイダー