is702
ニュース

マイクロソフトが3月のセキュリティ更新を公開、深刻度「緊急」の脆弱性等修正

2019/03/13

マイクロソフトは3月13日、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。

対象となるソフトウェアは、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Microsoft Windows」「Microsoft Office、Microsoft Office ServersおよびWeb Apps」「Adobe Flash Player」「ChakraCore」「Team Foundation Server」「Skype for Business」「Visual Studio」「NuGet」で、深刻度「緊急」の脆弱性への対応も含まれています。

なおその他にも、新規のセキュリティ アドバイザリ3件の公開、既存の脆弱性情報3件の更新が行われています。「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」については、「Win32/GraceWire」に対する定義ファイルが新たに追加されました。

脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードを実行される可能性があります。各製品のユーザは、Microsoft UpdateやWindows Update等を用いて、システムの更新を至急行うのが望ましいでしょう。

トレンドマイクロ オンラインショップ
トレンドマイクロ オンラインショップ