is702

ウイルスを直接仕掛けて他人のネットバンク預金を引き出し

2009/1/27

 他人の個人情報を不正入手してインターネットバンキングにアクセスし、預金を移し替えていた男が逮捕されました。容疑は、電子計算機使用詐欺と不正アクセス禁止法違反。

 この男は、被害者の自宅に侵入し、パソコンにキーボードの入力履歴を記録する「キーロガー」タイプのウイルス(バグベア)を仕掛けて個人情報を入手。入手したパスワードなどを使って被害者のネットバンク口座にアクセスし、別の被害者の名義で開設した架空口座に約900万円の預金を移し替えていたとされています。その後、預金をいくつかの口座に移動させて引き出していました。

 男は、被害者宅の郵便受けに入れられていた鍵を使って侵入したとみられ、直接パソコンにウイルスを仕掛けていました。カード番号など約20人分の個人情報が記載された手帳を持っており、同様の手口で個人情報を繰り返し盗み取っていたとみられています。

 警察によると、インターネット経由ではなく直接パソコンにウイルスを仕掛ける手口は初めてとのことです。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ