is702
ニュース

マイクロソフト、8月の月例セキュリティ更新を公開

2019/08/14

マイクロソフトは8月14日(日本時間)、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。

対象となるソフトウェアは、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Microsoft Windows」「Microsoft Office、Microsoft Office ServicesおよびWeb Apps」「ChakraCore」「Visual Studio」「Online Services」「Active Directory」「Microsoft Dynamics」で、深刻度「緊急」の脆弱性への対応も含まれています。

脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、リモートからの攻撃によって任意のコードを実行されたりする可能性があります。各製品のユーザは、Microsoft UpdateやWindows Update等を用いて、システムの更新を行いましょう。

  • フラウネッツ
  • セキュリティブログ
フラウネッツ
セキュリティブログ