is702
ニュース

【注意喚起】マイクロソフト製品の違法コピー警告に見せかけた不正メールが拡散中

2019/09/09

フィッシング対策協議会は9月6日、マイクロソフトをかたるフィッシングメールの報告を受けているとして注意を呼びかけました。「プロダクトキーがの異常な状態と解決手順について。」という件名で、利用しているOffice製品のプロダクトキーが違法コピーされたという内容のメールが報告されています。

メール内には、「http://warnning-account-recovery-support-●●●●.com/」といったURLが示されており、このサイトにアクセスして検証作業(ライセンス認証)を行うよう呼びかけています。
誘導先の不正サイトでは、さまざまな情報を入力するように促されます。しかし、このメールは虚偽の内容であり、万一情報を入力してしまうと不正利用される可能性があります。
トレンドマイクロでもこの不正サイトへの誘導メールの拡散を、2019年9月6日~8日の3日間に約3,000通確認しています。

同協議会では、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中です。このようなフィッシングサイトで、アカウント情報や個人情報、クレジットカード情報等は、絶対に入力しないよう注意してください。不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の正規の問い合わせ窓口、またはフィッシング対策協議会に連絡をしましょう。
また、このような不正メールの受信や、フィッシングサイトへ誘導されてしまうリスクを下げるためにも、セキュリティソフトやアプリをインストールしておき、最新の状態を保つように心がけてください。



マイクロソフトを騙るフィッシングメールの例

マイクロソフトを騙るフィッシングメールの例





>誘導先のフィッシングサイト

誘導先のフィッシングサイト





>フィッシングサイトの入力画面

フィッシングサイトの入力画面



「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。
「PC・ネットワーク」「Web」「システム」関連のエーカビジネスコラム&ブログ。