is702

ポータブル型カーナビにウイルスが混入して出荷

2009/5/13

 カーナビやカーオーディオなどの製造・販売を行うクラリオンは、2009年5月11日、ポータブル型のカーナビ(パーソナルナビゲーションデバイス=PND)の一部に、USBを介して感染するウイルスが混入した可能性があると発表しました。

 対象となる製品は「DTR-P7DT」「DTR-75DT」「DTR-P50」「DTR-55」の一部。混入の可能性があるウイルスは「WORM_GOOMHTTP.DS」「Mal_Otorun1」。単独でカーナビとして使用している分には問題ありませんが、パソコンにUSB接続した場合にパソコンがウイルスに感染する可能性が生じます。

 同社では、該当製品の特定方法とウイルスの確認・駆除方法をWebサイト上に掲載。セキュリティ対策ソフトを用いてウイルス駆除を行えば正常に使うことができるとしています。また、該当製品の購入者で希望者には、正常な新品との交換にも応じるとのことです。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ