is702

防水デジカメの一部にウイルスが混入して販売

2010/6/9

 オリンパスが2009年7月に販売を開始したデジタルカメラ「μTOUGH-6010(ミュータフ6010)」の一部に、ウイルスが混入していたことが発表されました。

 混入していたウイルスは「WORM_AUTORUN.KFJ」と呼ばれるもの。カメラの機能自体には問題はないものの、このウイルスが混入したカメラをUSB端子経由でパソコンに接続すると、ウイルス感染する可能性があるとのことです。

 同社によると、製造管理上の不備によってカメラにウイルスが混入したとのこと。出荷済みの同製品のうち1,709台が対象で、同社公式サイト内の「シリアルナンバー検索ページ」にて該当製品であるか否かが判断できるようになっています。該当した場合は、カメラを同社に送付するか、自分で駆除することを推奨しています。また、そのカメラをパソコンにUSBケーブルで接続した場合はウイルス感染の可能性があるとして、パソコンのウイルス駆除を行うことを告知しています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ