is702

標的型攻撃

2019/08/09

ニュース

日本国内の標的型攻撃、正規ツールを隠れ蓑にする手法が継続して発生

トレンドマイクロは8月8日、公式ブログで「~正規を利用した隠蔽が進む~ 日本国内での標的型攻撃を分析」と題する記事を公開しました。日本国内の「標的型攻撃」について、2018年の1年間に確認された事例を分析しています。

2019/03/04

ニュース

「情報セキュリティ10大脅威」詳細解説公開、事例やデータ参照可能に|IPA

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月1日、「情報セキュリティ10大脅威 2019」について、解説資料を公開しました。

2019/01/31

ニュース

人の脆弱性を突いた攻撃多数ランクイン、情報セキュリティ10大脅威2019|IPA

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月30日、「情報セキュリティ10大脅威 2019」を公開しました。

2017/11/13

ニュース

日本を狙うサイバー攻撃キャンペーン「ChessMaster」、攻撃手法がさらに変化

トレンドマイクロは11月10日、公式ブログで「標的型サイバー攻撃キャンペーン『ChessMaster』の新しい戦略:変化を続けるツールと手法」と題する記事を公開しました。日本の学術界、テクノロジー系企業、報道関連企業、MSP(マネージド・サービス・プロバイダ)、政府機関等を標的とするサイバー攻撃キャンペーン「ChessMaster」(チェスマスター)の最新状況を伝える内容です。

2016/04/01

ニュース

「情報セキュリティ10大脅威2016」が発表

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月31日、「情報セキュリティ10大脅威 2016」を公開しました。

2016/03/31

従業員一人ひとりが気をつけるべきこと

標的型サイバー攻撃の対策をクイズでチェック

特定の企業や組織を狙う標的型攻撃の被害が相次いでいます。この中で、従業員一人ひとりに求められるのは、サイバー犯罪者に攻撃の糸口を与えない行動です。○×クイズであなたのセキュリティレベルを確認しましょう。

2016/02/16

ニュース

2015年のセキュリティ10大脅威ランキング

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月15日、2015年に発生した情報セキュリティ関連の事件・事故に関するランキング「情報セキュリティ10大脅威 2016」を発表しました。

2015/11/05

マクロ型ウイルスに注意

メールを悪用した標的型攻撃の手口と対策

標的型攻撃に用いられる攻撃メールでは、受信者に不正なマクロを含んだ添付ファイルを開かせ、パソコンにウイルスを感染させる手口が確認されています。メールの添付ファイルを悪用した攻撃の最新手口と3つの対策を押さえましょう。

2015/03/26

あなたの軽率な行動がサイバー攻撃の被害を招く?!

会社でやってはいけない5つのこと

機密情報や顧客情報を盗み出すことを目的に企業を狙う標的型攻撃が相次いでいます。軽率な行動で勤務先を重大な危機にさらさないよう、社会人が身につけるべきセキュリティの作法を紹介します。

2014/03/18

2014年の情報セキュリティ10大脅威

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月17日、「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」を公開しました。\r\n

2014/02/10

表計算ソフト「三四郎」にゼロデイ攻撃

トレンドマイクロは2月10日、公式ブログにて「日本語表計算ソフト『三四郎』に対するゼロデイ攻撃を確認」と題する文章を公開しました。

2013/9/19

あなたの不用意な行動が組織を危険に!? 標的型攻撃の被害に遭わないためにできること

特定の企業や組織を狙う標的型攻撃が相次いでおり、企業の情報漏洩リスクは増大しています。たとえば、サイバー犯罪グループは従業員に送りつけた電子メールを経由してターゲットの内部に侵入すると、長期間潜伏して目的の情報を盗み出します。今回は、標的型メール攻撃の手口や最新の傾向、および従業員1人ひとりが実践したい対策について紹介します。

2013/08/27

「産業制御システムへのサイバー攻撃 実態調査レポート第二弾」を公開 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは8月27日、産業制御システム(ICS: Industrial Control Systems)へのサイバー攻撃の実態を調査・分析したレポート「産業制御システムへのサイバー攻撃 実態調査レポート」の第二弾を公開しました。

  • フラウネッツ
  • セキュリティブログ
フラウネッツ
セキュリティブログ