is702

SNS

2017/07/07

ニュース

子どものSNSトラブル、「生活への悪影響」「不正アクセス被害」等が上位に

トレンドマイクロは7月6日、「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表しました。約3割の子どもが、SNSでトラブルに遭っていること等、現状が明らかとなりました。

2017/04/21

ニュース

コミュニティサイトでの児童被害、SNSがチャット系を抜き1位に 警察庁調べ

警察庁は4月20日、2016年におけるコミュニティサイト等に起因する事犯の、現状と対策を発表しました。\r\n

2016/12/26

ニュース

「誕生日などはパスワードにNG」IPAが注意呼びかけ

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月21日、誕生日などの推測されやすい情報を、パスワードに利用しないよう、「安心相談窓口だより」にて注意を呼びかけました。\r\n

2016/12/21

ニュース

SNSへの悪意ある投稿、8割が「ふだんのアカウント」そのまま使用

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月20日、「2016年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」「2016年度 情報セキュリティの倫理に対する意識調査」の結果を公開しました。調査結果をとりまとめた報告書が、IPAのサイトからダウンロード可能です。\r\n\r\n

2016/12/08

ひろしとアカリのセキュリティ事情

社会人が忘年会シーズンに気をつけたいこと

何気なくSNSに写真を投稿しようとする軽井君ですが…

2016/10/21

ニュース

コミュニティサイトに絡む児童の被害、過去最悪のペースで増加中

警察庁は10月20日、2016年上半期におけるコミュニティサイトに起因する事犯の、現状と対策を発表しました。

2016/07/07

ニュース

東京都が「SNS東京ノート」の配布を開始

東京都教育委員会(教育庁)は7月5日、情報モラル教育補助教材「SNS東京ノート」の配布を開始しました。\r\n\r\n東京都教育委員会では、いじめ等のトラブルや犯罪に、児童・生徒が巻き込まれないようにし、学習への悪影響を防ぐため、以下の5項目からなる「SNS東京ルール」を2015年11月に策定しています。

2016/05/26

あなたの不用意な行動が原因で勤務先を危険に!?

ついやりがちな社会人としてNGのIT利用とは

パソコンやスマホ、ネット利用時にプライベートで何気なく行っていることも、社会人の立場で行うと、勤務先を無意識にトラブルに巻き込んでしまうことがあります。5つのありがちな行動パターンを例に社会人として最低限心得たいITマナーを紹介します。

2016/04/18

ニュース

コミュニティサイト起因の犯罪被害が低年齢化

警察庁は4月14日、2015年の出会い系サイトおよびコミュニティサイトに起因する事犯の、現状と対策を発表しました。\r\n

2016/03/31

従業員一人ひとりが気をつけるべきこと

標的型サイバー攻撃の対策をクイズでチェック

特定の企業や組織を狙う標的型攻撃の被害が相次いでいます。この中で、従業員一人ひとりに求められるのは、サイバー犯罪者に攻撃の糸口を与えない行動です。○×クイズであなたのセキュリティレベルを確認しましょう。

2015/12/25

ニュース

4人に1人が、SNSに「悪意の投稿」

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月24日、「2015年度情報セキュリティに対する意識調査」の結果を発表しました。この調査は、2005年から毎年行われており、今回で14回目となります

2015/10/29

ニュース

SNSの友達リクエストメールに注意

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月28日、「海外のSNSからの友達リクエストに承認した結果、Googleに登録してある友人のメールアドレスに対して自分名義で招待メールが送信された」という相談が急増しているとして、注意を呼びかけました。

2015/10/19

ニュース

児童被害、原因は出会い系からチャット系に

警察庁は10月15日、2015年上半期の出会い系サイトおよびコミュニティサイトに起因する事犯の、現状と対策を発表しました。

2015/09/03

勤務先を無意識に危険にさらしていませんか

ネット上での“公私のけじめ”とは?

ネット上でも仕事とプライベートの境界を意識して行動しないと、勤務先を無意識にトラブルに巻き込んでしまうかもしれません。4つのビジネスシーンにおいて、社会人が身につけるべき基本的な心得を紹介します。

2015/08/20

性的な写真や動画をネタに脅迫する手口に注意!

ネット上のプライバシー意識を高めよう

性的な写真や動画を送らせ、それらのネット公開をネタに脅迫するセクストーションが横行しています。サイバー犯罪者の具体的な手口を知り予防を心がけることで、ネット利用時のプライバシー意識を高めましょう。