is702

2011/10/06

もしや、個人情報漏れ!? そのときあなたがすべきことは?

<ページ1>

<ページ2>

  • 個人情報を登録する際に注意すること

<ページ3>

個人情報を登録する際に注意することく

ネット上で個人情報を登録する際に、事前に注意を払っておくことで、万が一情報が漏えいしてしまった場合でも被害を最小限に食い止めることができます。自衛の意味で、気をつけたいポイントは以下の通りです。

■最低限の情報しか登録しない

インターネットサービスに会員登録する際は、入力欄をよく確認し、どこまで情報の開示が求められているのか、それはサービスの利用に不可欠な情報なのかをよく考えるようにしましょう。サービスによっては、入力欄に「必須」と書いてある場合もあります。「必須」と書いていない欄は入力しないようにするのも、一つの方法です。

最も気をつけたいのは、そのサービスを提供する会社が「個人情報を預けても大丈夫か?信頼できるか?」ということです。サイトに掲載されているプライバシーポリシーなどで、その会社が顧客の個人情報をどのように扱っているか確認しましょう。

ユーザの興味を引くためにアンケートや懸賞などの名目で、個人情報を入手しようとする業者もいます。そこで、サービスの利用に必要な最低限の情報以外は入力しない、サービス提供企業のプライバシーポリシーなどを読んで、少しでも不安要素がある場合は、そのネットサービスを利用しない、といった自分なりのルールを決めておく慎重さも大切です。

■重要なメールアドレスは、会員登録には使わない

ほとんどのインターネットサービスでは、連絡先としてメールアドレスの入力が求められます。

この時、プロバイダ契約で利用しているアドレス、仕事やプライベートでよく利用するアドレスなど、使用頻度が高い重要なメールアドレスは登録しない、という方法もあります。

メールアドレス情報が漏れて迷惑メールが増えるといった実害を被ったとしても、普段からよく使っているアドレスは簡単に変更できないため、被害が拡大してしまうからです。

あらかじめ無料メールアドレスを準備しておき、インターネットサービスに登録する際はそのアドレスを使用したり、ネットのサービス専用のアドレスを準備したりすることをお勧めします。

これらはサービス業者からのお知らせを受信するためのメールアドレスですから、万が一迷惑メールが届くようになってしまったら、このアドレスの利用を停止し、新しい無料アドレスを取得すればいいわけです。

■住所を入力する際に工夫しておく

ネットショップや懸賞サービスなどを利用する際は、商品を発送するために住所や氏名の入力が必要になります。このような時、入力する住所の末尾に自分だけがわかる記号などを追記しておくことをお勧めします。

例えば自分の住所が「東京都○○区▲▲1-2-3」の場合、末尾に「A-001」など、目印のために実際の番地などには関係のない記号や数字を付けて入力しておくのです。この記号はいつも同じものを使うのではなく、利用するサービスごとに変更しておくのがポイントです。

見知らぬ企業からダイレクトメールなどが届いた時に、住所の末尾に自分が入力した記号が付いていたら、「この記号を入力したサービス会社から、連絡先情報が漏れたかもしれない」と考えることができますから、その会社のサービスの利用を継続するかどうかの判断材料になります。

住所を入力する時に、ひと工夫

■インターネット決済用のクレジットカードを用意する

インターネット上で買い物をしたり、サービスの利用代金を支払ったりする際、スピーディに決済できて便利なのがクレジットカードです。クレジットカード情報は、悪用されると金銭被害につながる危険性が高いため、最も漏えいを避けたい個人情報の一つです。

安心して利用するためには、あらかじめ利用限度額を抑えたクレジットカードを用意しておくのも一つの方法です。こうしたカードをネットの支払いの専用カードにしておけば、万が一カード情報が盗まれてしまった場合も、被害額を最小限に食い止められます。

なお、ネットのサービスによっては、利用できるクレジットカードに制限がある場合もあります。また、クレジットカード会社によっては、悪意ある第三者に不正利用された場合は補償の対象外とされる場合もあるので、事前に十分確認しておきましょう(ページ3「クレジットカード情報の取り扱い」で後述します)。

■登録情報の確認・変更はこまめに

インターネットサービスに登録済みの個人情報は、会員本人が自由に変更できるようになっています。すでに登録してある会員情報も、もう一度内容を確認し、不要な情報は変更したり削除したりしておきましょう。特に、ログイン時に必要なパスワードは厳重に管理するだけでなく、できれば時々変更しておくとよいでしょう。

なお、個人情報の漏えいが不安だからといって、デタラメの個人情報を登録することはお勧めできません。お互いに顔の見えないインターネット上では、サービスを提供する業者とユーザの双方が、信頼関係を持って個人情報を取り扱う必要があるからです。

業者としても、ウソをつくユーザを信用することはできません。情報のウソが発覚すれば、会員資格を剥奪され、そのサービスは以後利用できなくなることもあるので注意が必要です。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ