is702

パソコンを新しくしたら、これだけはやっておこう~セキュリティ設定からデータ移行、データ消去まで~

2012/03/15
パソコンを新しくしたら、これだけはやっておこう ~セキュリティ設定からデータ移行、データ消去まで~

USBメモリを使用するデータ移行に注意しよう

パソコンの買い換えにあたっては、古いパソコンから新しいパソコンにデータを移す作業も必要になります。Office文書や写真データ、音楽データなどを移行する際、USBメモリや外付けハードディスク、CD-ROM、DVD-ROMなどのリムーバブルメディアを利用することもあるでしょう。ただし、リムーバブルメディアはデータの受け渡しに大変便利ですが、その扱いには十分注意してください。

ウイルスには、USBメモリなどのリムーバブルメディアを経由して感染するものも存在します。万一、このウイルスに感染するとパソコンを遠隔操作されたり、メールアドレスなどパソコンに入った情報を外部に送信されたり、新たなウイルスをダウンロードされたりする恐れがあります。リムーバブルメディアの使用にはウイルス感染の危険が伴うことを念頭に置き、USBメモリからファイルを開く前には必ずUSBメモリを最新のセキュリティソフトでウイルススキャンを実行することを心がけてください。また、USBに書き込まれるファイルのウイルススキャンなどセキュリティ機能があるUSBメモリを使うのも有効です。

データ移行に便利なオンラインストレージ

データを移し替える手段としては、インターネット上でデータを保存、共有できるオンラインストレージサービスを利用するのも有効です。USBやCD-ROMなどで大容量のデータを移行する場合、何度かに分けて移行をしますが、オンラインストレージを利用すれば、大容量データをまとめて移行できるため大変便利です※。こうしたサービスを利用する場合にも、ファイルのウイルススキャンは忘れずに実行するようにしましょう。
※利用できる容量はサービスにより異なりますので、利用時に確認するようにしましょう。

図7:オンラインストレージを利用したデータ移行のイメージ。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ