is702

2013/03/07

スマホからの情報漏洩に気をつけて! 盗難・紛失に伴うセキュリティリスクに備えよう

印刷用を表示する

<ページ1>

<ページ2>

<ページ3>

  • もし、未対策の端末をなくしてしまったら…

もし、未対策の端末をなくしてしまったら…

スマホを利用する上では、盗難や紛失を前提とした対策を講じることが不可欠です。万一、盗難・紛失対策を講じていないスマホをなくしてしまったらどのように対処すればいいのでしょう。

スマホの盗難・紛失に気づいたら、速やかに携帯電話会社に連絡し、回線を止めてもらいましょう。端末を悪用されるリスクを軽減できます。

ただ、スマホは従来の携帯電話と異なり、Wi-Fi(無線LAN)を介した通信も可能です。電話(3G)回線が止まっても、Wi-Fi通信により、Webメールやオンラインストレージ、SNSなどの各種サービスに不正アクセスされてしまうかもしれません。

紛失に気付いた場合、すぐに利用している各種サービスのID・パスワードをパソコンから変更するか、サービスの解約をしてください。クレジットカードや銀行口座の情報などを登録していれば、最優先で金融機関に連絡し、口座を止めてもらいましょう。

スマホを使えば、いつでも、どこからでもインターネットを利用できます。便利で持ち運びやすいスマホだからこそ、盗難や紛失にあったときのインパクトは大きくなることを忘れてはなりません。スマホを利用する上では盗難や紛失に備え、今回挙げた事前対策を必ず行ってください。

事前対策

  • 不正操作を防止するため、画面ロックを設定する
  • 不正な通信利用を防止するため、SIMカードロックを設定する
  • ログインが必要なWebサイトのユーザ名/パスワードをWebブラウザに記憶させない設定にする
  • 盗難・紛失対策を備えたセキュリティソフトを導入する

事後対策

  • 携帯電話会社に連絡し、電話(3G)回線を止める
  • 利用中の各種サービスのID・パスワードを変更するか、サービス自体を解約する
  • クレジットカードや銀行口座の情報をスマホに保存している場合、金融機関に連絡し口座を停止する
前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ