is702

4つのポイントでセキュリティを強化! LINEとの上手な付き合い方

2013/04/18
4つのポイントでセキュリティを強化! LINEとの上手な付き合い方

人気のサービスにはサイバー犯罪者も便乗

LINE ID検索や「友だち自動追加」の仕組みが悪用されるとLINEユーザの中に潜む悪意あるユーザと意図せぬ形でつながってしまう危険があります。人気あるところに人が集うのは、サイバー犯罪者も同様です。

例えば、サイト運営者が異性や芸能人などが自分のサイトの客(サクラ)であると偽り、サクラとのメール交換を有料サービス上でやりとりさせることで、不当に利益を上げようとするインターネット上の悪質商法があります。2013年2月には、このサクラサイトへの誘導手段として、LINEのトークが悪用された事例が確認されています。

LINEに送られてきたサクラサイト商法の勧誘

LINEの魅力の一つであるスタンプに目をつけた攻撃事例も確認されています。日本と同様にLINEが人気の台湾では、無料スタンププレゼントと称するFacebook上のファンページを介して、LINE IDの入力を促している事例が確認されました。

無料スタンプが欲しい多数の人が、LINE IDを書き込むように促すコメント(青枠)に応じて書き込んでいる(赤枠)様子

特にLINEは、その魅力から中高生など若年層の間でも、多く利用されています。大人はもちろんのこと、ITネイティブ世代と呼ばれIT活用能力が高い子供達は、ちょっとした好奇心から不用意な行動を取ってしまったり、甘い言葉に騙されて個人情報を公開してしまったりすることもありえます。

保護者の立場であればなお一層のこと、これらの脅威の現状を知り、次に案内する4つのポイントを抑えて、LINE利用時のセキュリティを強化しましょう。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ