is702

2013/06/20

SNSでのやりとりがストレスに!? インターネット上のつながりを見直して、安全、快適なコミュニケーションを

印刷用を表示する

FacebookをはじめとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、私たちの生活に密着したサービスとして根付いています。SNSは気軽なコミュニケーションに欠かせない存在になっている一方で、そのやりとりにストレスや不満を感じている人がいるのも事実です。今回は、SNSの利用の仕方を見直すことで、より安全かつ快適にコミュニケーションを行う方法を紹介します。

<ページ1>

  • SNSがストレスや不満の原因に!?

<ページ2>

<ページ3>

SNSがストレスや不満の原因に!?

ここ数年のSNS人気に便乗し、FacebookやTwitterを使い始めた方も多いのではないでしょうか。Facebookでは気軽に情報を発信できるのが魅力の反面、実名登録が前提になるため、思慮に欠ける安易な発言をしてしまうとトラブルの原因になります。Twitterにおいてもうっかりした発言により、多数の批判的なコメントであふれかえる、いわゆる炎上と呼ばれる状態に陥ってしまうケースが後を絶ちません。元々想定していた相手との想定していたとおりのコミュニケーションが、SNSで本当に行えているでしょうか?

実際、「友達だけに見られたい情報が、親しくない知人に見られてしまった」、「プライベートで関わりたくない上司から友達申請がきて断れない」、「見て欲しくない人もつながっているので、思ったことを気軽に載せられなくなった」など、本来、気軽なコミュニケーションを楽しむためのSNSが、ストレスや不満の原因になっているという話しも出てきています。これは“ソーシャル疲れ”などと呼ばれる現象です。最近ではSNSに職場関係を持ち込まれ、半ば強制的につながりを求められる“ソーシャルハラスメント”という言葉も生まれています。

SNSがストレスや不満の原因に!?

次のページでは、そんなSNSに疲れたときの対処法を紹介します。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ