is702

2014/01/30

あなたの投稿で会社や学校が信頼を失う!? いち社会人として必要なSNS活用の心得

印刷用を表示する

<ページ1>

<ページ2>

<ページ3>

  • SNSのトラブルを避ける3つのヒント
  • クイズでおさらい

SNSでのトラブルを避ける3つのヒント

トラブルに巻き込まれないために意識しておくSNS利用上のポイントは大きく3つあります。

■SNSでの発言は公衆での発言同様と理解する

「電車内の一般人を撮影し、その写真に冗談めかした誹謗中傷コメントを付けて投稿した」「著作物である文章や詩などを著作者の承諾を得ずにSNSに転載した」など、うっかりやってしまいがちなこれらの行為は重大なマナー違反です。社会人であれば、取引先との懇親会の写真を無断で公開するなどの行為もトラブルに発展する恐れがあります。

SNSで発信した情報は、仲間内だけでなく、不特定多数の目に触れる可能性があります。このため、投稿する前に勤務先の機密情報や犯罪の告白、プライバシー侵害や誹謗中傷にあたる内容、著作権を侵害する内容などが含まれていないことを確認してください。

■文字のコミュニケーションでは温度感が正しく伝わりにくいことを意識する

声音や口調の届かない文字のやりとりでは、冗談のつもりで、「殺す。(笑)」などと書いても、相手がそれを本気と受けとめる可能性もあります。SNSを含め、インターネット上に一度投稿した内容は、容易に消すことはできません。投稿前に、もう一度その内容が永久に参照されても問題の無い内容かを確認するようにしましょう。

■個人情報をむやみに公開しない

SNSでは氏名や住所、勤務先、メールアドレスなどを含めたプロフィール情報の安易な公開を避けましょう。悪意のある第三者は、たとえば、SNSの公開プロフィール情報などをもとに作成したメールを経由してあなたの勤務先と接触し、機密情報を盗み出そうとします。SNSに公開する情報は、犯罪者がターゲットとする企業の従業員のプロフィールや人間関係などを把握するために利用される可能性もあることを覚えておきましょう。対策のために、SNSのプライバシー設定を活用して、プロフィール情報や投稿が第3者に見られないようにすることもこころがけましょう。

企業や学校で、SNS利用に関するガイドラインやポリシーが公開されているかも、あわせて確認してください。ガイドラインやポリシーの内容を確認し、正しく理解、実践することが重要です。

SNSの炎上事件を振り返ると、主に若年層によるプライバシー侵害や悪ふざけがインターネット上にさらされ、彼らの所属企業や学校が謝罪するという一連の流れになっています。実際の年齢に関わらず、SNS上でひとりの社会人として成熟したコミュニケーションを行い、世界中の大勢の人との自由で活発なやりとりを楽しみましょう。

前へ 1 2 3 次へ
関連情報(外部サイトへリンク)
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ