is702

LINEのセキュリティ新機能を知っていますか? 楽しく、利用するための5つのヒント

2014/11/20
LINEのセキュリティ新機能を知っていますか? 楽しく、利用するための5つのヒント

LINEはユーザがより楽しく安全にコミュニケーションできるよう、さまざまなセキュリティ機能を提供しています。新たな機能が次々と公開されていますが、使い方がわからないユーザもいるかもしれません。今回は、LINEをより安全に楽しむために使いたいセキュリティ機能とそれらの設定方法を紹介します。

LINEは、スマホをはじめとしたモバイル端末、パソコン向けの無料通話・メールアプリとして人気です。たくさんの人とつながるコミュニケーションツールだからこそ、適切なセキュリティ設定を行い、安全に使いたいところ。今回は不正ログインを防ぐためのLINEの5つのセキュリティ機能について見ていきましょう。

基本中のキホン、3つの設定を最初にチェック!

1)「他端末のログイン許可」設定

スマホ以外ではLINEを使わない場合、この設定を必ずオフにしましょう。スマホ版LINEの設定で、「他端末ログイン許可」をオフにすると、パソコンやiPadなどのタブレットからは、利用中のLINEアカウントにログインできなくなります。これにより、悪意のある第三者によってパソコン、タブレットからあなたのLINEアカウントに不正ログインされるのを防げます。

設定手順

・LINEを開いて、「その他」タブから「設定」をタップします。
・「アカウント」を選択し、「他端末ログイン許可」のチェックを外します。

2)「認証用メールアドレス/パスワード」設定

パソコン、タブレットから、現在「スマホ版LINE」で利用中のアカウントを使うには、利用中のアカウントに認証用メールアドレス/パスワードを登録し、これを使ってログインする必要があります。(電話番号を変更したスマホで、前と同じアカウントを使う場合もこの登録が必要です。)

このとき、他のインターネットサービスと同一のメールアドレス/パスワードを使ってはいけません。すでに同一のパスワードを使用している場合、すみやかに変更してください。同一メールアドレス/パスワードを使い回すと、サイバー攻撃などで不正に入手したメールアドレス/パスワードの組み合わせを使って他サービスへのログインを試みる犯罪手口の標的となり、不正ログインに遭うリスクを高めてしまうためです。

変更手順

・LINEを開いて「その他」タブから「設定」をタップします。
・「アカウント」を選択して「メールアドレス登録」へ進み、「パスワードの変更」をタップします。
・現在のパスワードを入力して本人確認後、新しいパスワードを設定します。

安全なパスワード作成のコツ

3)アプリの「パスコードロック」設定

スマホ版、およびiPad版LINEでは、起動時に数字4桁のパスコードの入力を求めるように設定できます。パスコードロックを設定しておけば、端末の盗難、紛失時などに、第三者に閲覧・利用されるリスクを減らせます。

なお、パソコン版LINEにパスコードロックはありません。ログイン時には必ずメールアドレス/パスワードの入力を求めるように設定しましょう。

変更手順

スマホ/iPad
・LINEを開いて、「その他」タブから「設定」をタップします
・「プライバシー管理」を選択し、「パスコードロック」をオンにします。
・数字4桁のパスコードを2回入力すると、パスコードロックが設定されます。

パソコン (ログイン時に必ずメールアドレス/パスワードの入力を求める設定)
・LINEを開いて、左上のLINEアイコン横にある「▼」をクリックし、「設定」へ進みます。
・「基本設定」タブの「自動ログイン」のチェックを外します。

LINEが提供する新たなセキュリティ強化策をチェック!

4)「PINコードの事前登録」設定

2014年7月22日に公開されたバージョン4.5.0以降のLINEでは、電話番号の異なる別のスマホから利用中のアカウントにログインする際、従来のメールアドレス/パスワードに加え、事前に設定したPINコードと呼ばれる数字4桁の暗証番号の入力が必須になりました。これにより、第三者に不正ログインされるリスクを減らせます。

・バージョン4.5.0以降のバージョンでは、初回起動時にPINコードの登録画面が表示されます。

PINコードには、第三者に推測されにくい4桁の数字を設定してください。「1111」「1234」などの規則的な数字、誕生日や電話番号下4桁などの個人情報と関連のある数字、「4649(よろしく)」などのよく知られた語呂合わせ、キャッシュカードの暗証番号と同じ並びの数字にするのは避けましょう。PINコードを変更する場合、「設定」から「アカウント」へ進み、「PINコード」をタップします。4桁の数字を入力して「確認」を押せば変更できます。

5)パソコン版、タブレット版の初回ログイン認証 (設定不要)

パソコン、タブレット版のLINEに、現在利用中のスマホ版アカウントを使ってログインする際、初回に数字4桁の認証番号をスマホ版LINEに入力する手順が加わりました。これにより、第三者によってパソコンやiPadからあなたのアカウントへ不正ログインされるのを防げます。

本人認証の流れ

・パソコン版、タブレット版LINEを起動すると表示されるログイン画面でメールアドレス/パスワードを入力し、ログインをクリックします。
・パソコン版、タブレット版LINEに4桁の認証番号が表示されます。
・スマホ版LINEを起動すると表示される画面に、パソコン版、タブレット版LINEで表示された認証番号を3分以内に入力し、本人確認をタップします。
・パソコン版、タブレット版LINEにログインできます。

この仕組みがあれば、万が一、第三者がパソコン版、タブレット版LINEであなたのアカウントに不正ログインしようとしても、認証番号を入力すべきスマホが手元にないため、ログインできなくなります。

自衛策にもなります。第三者がなりすましてログインしようとすると、手元にあるスマホ版LINEの起動時に、身に覚えのない認証番号の入力画面が表示されます。この場合、ログイン用のメールアドレス/パスワードが第三者に漏れた可能性があると考えていいでしょう。速やかにパスワードを変更してください。

※この機能は1)で紹介した「他端末のログイン許可」をオンにし、パソコンやタブレットでLINEを使用しているユーザが対象です。一度認証すれば、メールアドレス/パスワードの入力のみでパソコン版、タブレット版LINEへログインできます。スマホ版LINEのみを使用しているユーザは、必ず「他端末のログイン許可」をオフにしておきましょう。

LINEのセキュリティ機能を上手に活用して、より安全にコミュニケーションを楽しみましょう。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ