is702

セキュリティは初めが肝心 お子さまのスマホデビュー前に確認したいこと

2015/3/12
セキュリティは初めが肝心 お子さまのスマホデビュー前に確認したいこと

大人であるわれわれよりも、簡単にあっという間にデジタル機器を使いこなす子供たち。しかし、ネット上には現実世界と同様に危険な場面もあります。お子さまがスマホデビューをするにあたり、保護者として最低限配慮すべき情報を紹介します。

もうすぐ新学期。進学や進級のタイミングで、お子さまのスマホデビューを検討中の読者も多いのではないでしょうか。好奇心旺盛なお子さまは、ネットの楽しさばかりに目がいきがちで、その怖さを知りません。お子さまがネット上の犯罪やトラブルに巻き込まれないよう、保護者としてスマホを安全に使える環境を用意してあげましょう。

まず、ルールを決める

スマホを渡す前にお子さまと一緒にルールを決めましょう。ポイントは、お子さまと話し合いながら決めること。一方的な押し付けとなれば、ルールを守る気も起こらなくなってしまいますし、対話を通じて困った時に相談しやすい関係を作ることにも役立ちます。

ルールの例

  • 使ってよい時間を決める
  • 新しいアプリを入れる前には、保護者に相談する
  • 困ったり、怖くなったりしたらすぐに相談する(保護者は頭ごなしに叱らないことも約束)
  • インターネット上の知らない人に応答しない
  • インターネット上で誰かを中傷するような発言をしない

保護者として把握しておくこと

インターネットの利用では、誰もがトラブルや犯罪に遭遇する可能性がある一方で、お子さま自身が周りに迷惑をかけてしまう可能性もあります。お子さまがどのようにスマホを利用しているか定期的に把握しましょう。

把握しておきたい主な内容

  • 利用しているサービスやアプリ
  • SNSでの交友状況
  • 利用料金(ゲーム課金の状況を含む)
  • 利用時間(睡眠時間を削るようなことがないか)

最低限とるべき対策

お子さまは、好奇心のあまり危険なサイトに足を踏み入れたり、あやしげなアプリをダウンロードしてしまったりするかもしれません。SNSなどのアカウント(ID/パスワード)に関しては、乗っ取り被害などを防ぐためにも、保護者が適切な管理をおこないましょう。パスワード管理ソフトの導入も一つの解決手段です。

必要な対策のポイント

  • 有害な情報を未然に遮断する
    - ペアレンタルコントロール機能(有害サイト、アプリの利用制限等)の活用
    - 迷惑電話、メール(SMS)の着信拒否(フィルタリング)設定
  • アカウントの不正使用を避ける
    - 単純なパスワードを設定しない
    - 複数のサービスで同じパスワードを使いまわさない
  • 個人情報の不用意な漏えいを避ける
    - SNSの情報公開範囲を制限する
  • 端末の盗難・紛失に備える
    - 画面ロックの設定(出来る限り推測されにくいものを設定)
    - 紛失した端末の位置を地図上に表示してくれる機能の設定
    - 盗難・紛失時に端末をリモートからロックする機能の設定

ページ末尾の関連記事には、これらの対策のさらに詳しい情報が載っています。
あわせて確認してください。

また学習資料ダウンロードページでは、お子さまの視点に合わせて描かれた
小・中学生向け インターネットあんしんガイド 【スマホ&タブレット編】
を配布しています。

学習資料ダウンロードはこちら:
http://www.is702.jp/download/

あわせてご利用ください。

スマホのセキュリティは、初めが肝心です。年齢や成長に合わせて設定を見直し、お子さまがスマホを安全に使えるよう見守ってあげましょう。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ