is702

2008/10/14

こんな症状が現れたらウイルス感染の可能性大!ウイルス感染によくある症状とその処方箋
ブラウザのホームページが、知らないページに変更されている
確認および対処方法
感染すると、勝手にブラウザのホームページ(ブラウザを起動させた際に最初に表示されるWebサイト)を変更してしまうウイルスが存在しています。
しかし、ホームページが変更されていたからといって、必ずしもウイルスに感染しているとはかぎりません。
正規のソフトウェアをインストールした際などに、「ホームページに設定しますか?」と質問してくる場合もあり、無意識に「はい」を選んでしまったのかもしれません。下記の方法を試して確認してください。

※左はInternet Explorer 7、右はFirefox 3の場合

1.Internet Explorerを起動します
1.Internet Explorerを起動します
2.【ツール】メニューから【インターネットオプション】を選択します
2.【ツール】メニューから【インターネットオプション】を選択します
3.【全般】タブの【ホームページ】のアドレス欄を【空白を使用】を押し、空白にします
3.【全般】タブの【ホームページ】のアドレス欄を【空白を使用】を押し、空白にします
4.Internet Explorerを閉じます。
4.Internet Explorerを閉じます。
5.もう一度Internet Explorerを起動してみます。空白の画面になります。
5.もう一度Internet Explorerを起動してみます。空白の画面になります。
この手順で作業しても再び同じページが表示されるようなら、ウイルスに感染している可能性が考えられます。

・セキュリティソフトを使っていない方、期限切れの方は、「ウイルスバスター体験版」をダウンロードして、ウイルスチェックを行いましょう! 

・セキュリティソフトをお使いの方は、最新版に更新したうえで、今すぐウイルスチェックを行いましょう!

処方箋を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
関連リンク
ほかの症状を確認する
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ