is702

2008/10/14

こんな症状が現れたらウイルス感染の可能性大!ウイルス感染によくある症状とその処方箋
タスクトレイに見知らぬアイコンが増えた
確認および対処方法
常駐プログラムが表示されている、Windows画面最下部のタスクトレイ。いつの間にか見知らぬアイコンが増えていませんか?
ただし、この症状は必ずしもウイルスによるものとは限りません。
正規のソフトウェアをインストールした際に、そのプログラムを常駐する設定にしたのかもしれません。下記の方法を試してみてください。
1.タスクトレイの該当のアイコンにマウスカーソルをあわせてみます。(マウスオーバー)
1.タスクトレイの該当のアイコンにマウスカーソルをあわせてみます。(マウスオーバー)
2.プログラム名が表示された場合は覚えておきます。
プログラム名が表示された場合は覚えておきます。
3. 右クリックして【終了】がある場合は選択して終了させます。【About】がある場合は、選択してプログラム名を確認します。
右クリックして【終了】がある場合は選択して終了させます。【About】がある場合は、選択してプログラム名を確認します。
4.Windowsの【スタート】→【すべてのプログラム】→【スタートアップ】に[2]や[3]で確認したプログラムがあった場合は右クリックして削除します。
Windowsの【スタート】→【すべてのプログラム】→【スタートアップ】に[2]や[3]で確認したプログラムがあった場合は右クリックして削除します。
5.パソコンを再起動します。
パソコンを再起動します。

※上記例はwindows XPの場合となります。

この手順で作業しても再びアイコンが表示されるようなら、ウイルスに感染している可能性が考えられます。

・セキュリティソフトを使っていない方、期限切れの方は、「ウイルスバスター体験版」をダウンロードして、ウイルスチェックを行いましょう! 

・セキュリティソフトをお使いの方は、最新版に更新したうえで、今すぐウイルスチェックを行いましょう!

処方箋を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
関連リンク
  ウイルスと疑わしいファイルの調査を行う『ウイルスハンタープロジェクト』

インターネット全体のセキュリティレベルの向上を目指し、トレンドマイクロは『ウイルスハンタープロジェクト』を展開しています。これは、「怪しいファイルが見つかった」「メールに不審なファイルが添付していた」といったウイルスと疑わしきファイルが見つかった際に、そのファイル自体や関連情報などを受け付ける活動です。そのファイルが新種ウイルスであった場合、ウイルスパターンファイルへの対応に活用されます。
詳しくは下記をご覧ください。

ほかの症状を確認する
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ