is702

2008/11/10

ウイルス感染!? タイミングよく対策の案内が・・・ 偽セキュリティソフト詐欺にご用心
対策は、常に意識して予防すること
こうした偽セキュリティソフト詐欺に騙されないためには、自分で予防することが一番の対策となります。以下の4つのポイントを常に意識して、被害に遭わないよう注意しましょう。
偽セキュリティソフト詐欺に遭わないためのポイント
不審なメールを開封しない
ウイルス警告が表示されても個人情報を入力しない
信頼のできるセキュリティソフトを使用し、常に最新の状態に保つ
個人情報漏えい防止対策機能を持ったセキュリティソフトを使用する
既に警告が表示されてしまった場合
関連情報
変更された[画面のプロパティ]の再設定方法

「Antivirus XP 2008」では、Windowsのシステムを変更し、[画面のプロパティ]から「デスクトップ」と「スクリーンセーバー」のタブをなくしてしまいます。それを復旧させる方法が紹介されています(上級者向き)。

「代表的な偽セキュリティソフトの動き」 ほかの症状を確認する
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ